12.1 C
ブリュッセル
7月(月曜日)15、2024
人権COSP17では何が起こっているのでしょうか?

COSP17では何が起こっているのでしょうか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

彼らは、17月17日から11日まで開催される障害者の権利に関する条約第13回締約国会議(COSPXNUMX)として知られる、障害者の権利に焦点を当てた世界最大規模の会議に集まっている。

彼らの目的は、各国がすべての人々に平等を保証するという約束を守っていることを確認することです。

AIを戦場に:議題はこうだ

国連加盟国とNGOは、課題と成功事例に関するレポートカードを提示し、障害を抱えて生きる人々がすべての権利を十分に享受できるように、残された障壁を取り除く新しい方法を提供することができます。

2008 年にこの条約が採択されて以来、COSP は国連加盟国 191 か国が署名したこの画期的な条約の履行を監視するために毎年招集されています。

今年の 議題 9月の未来サミットに反映される現在の課題に関する3つの円卓会議が含まれます。人道的緊急事態、適切な雇用と持続可能な生活、包括的な未来のための技術革新に関する国際協力を中心に議論します。

エジプトでUNDPが支援する、テクノロジーを使って障害者を支援する革新的プログラムの参加者。(ファイル)

デジタル変換

人工知能 (AI) 駆動型ツールは、Web サイト、モバイル アプリ、その他のデジタル コンテンツをスキャンしてアクセシビリティの問題を特定し、修正のための推奨事項を提示します。これにより、開発者やコンテンツ作成者は、設計段階からテクノロジのアップグレードまで、障害を持つ人々が自社の製品にアクセスできるようにすることができます。

そしてそれは単なるAIです。障害者にとってのデジタル変革の可能性はよく知られており、広く普及しているとヘバ・ハグラス氏は述べた。 障害者の権利に関する特別報告者

イノベーションの可能性には、支援機器の利用可能性、包括的な教育と雇用、ヘルスケア、個別のサポート システム、情報およびコミュニケーション ツールへのアクセスが含まれます。

「デジタルトランスフォーメーションは、障害者権利条約によってもたらされるパラダイムシフトの実現に活用でき、地域社会の積極的なメンバーとしての障害者の発言権、管理、選択を回復することができます」と彼女は述べた。

COSP17は 努力に焦点を当てる 技術革新を促進し、教室から職場まで障害のある個人の社会的包摂とエンパワーメントに向けて移行すること。

最近開催された AI for Global Good Summit でいくつかのイノベーションをご覧ください。

包括的な雇用市場の構築

雇用市場に参入することは大きな課題となる可能性があります。

世界の障害者の80%は開発途上国に住んでおり、適切な仕事と持続可能な生活の権利は、障害者の権利条約や、その他の主要な国際的に合意された開発文書、例えば、 2030アジェンダ 持続可能な開発のために。

現在、雇用に関する世界成績表は、さまざまな進歩を示している。アルゼンチン、ケニア、ナイジェリア、ウガンダ、ウルグアイなどの国では、新しい法律が制定され、国内の企業や障害者ネットワークも設立されているが、さらに多くの取り組みが必要である。

そのため、COSP17は さまざまな解決策を提示する これは、世界中の国々で障害を抱えて生きるより多くの人々が家族、社会、開発活動に貢献できるようになる、実証済みの取り組みに基づいています。

コスタリカのサンホセ市議会議員、ニコール・メセン・ソジョは骨形成不全症を持って生まれ、障害のある人々の権利を擁護している。 (ファイル)

国連コスタリカ/アブリル・モラレス

コスタリカのサンホセ市議会議員、ニコール・メセン・ソジョは骨形成不全症を持って生まれ、障害のある人々の権利を擁護している。 (ファイル)

人道的緊急事態

戦闘地域で爆弾の音が聞こえなかったり、洪水から避難するために車椅子を動かせなかったらどうなるでしょうか?

武力紛争、自然災害や気候変動による災害、健康上の緊急事態など、リスクや人道上の緊急事態が発生した場合、障害を抱えて暮らす人々は、準備、対応、復興の取り組みを計画する際に、周縁に取り残されることが非常に多いです。

実際、12人以上の 人権理事会任命された専門家は共同で警告した ステートメント ガザにおける現在の危機について、国連事務総長は「障害者は感染症、栄養失調、死亡のリスクが高く、ガザの民間インフラが崩壊するにつれて、これらはすべて起こりやすくなる」と指摘した。

COSP17では、 新たな革新的な取り組み 気候関連の災害から紛争に至るまで、より包括的な社会に向けて未来のサミットを前進させることができる課題と解決策が実現しています。

爆弾の爆発で体が麻痺し、両足が不自由になった8歳のハナアさんは、シリアの東アレッポ市の自宅近くで車椅子に座っている。(ファイル)

爆弾の爆発で体が麻痺し、両足が不自由になった8歳のハナアさんは、シリアの東アレッポ市の自宅近くで車椅子に座っている。(ファイル)

COSP17 で歴史を作る: ライブブログの乗っ取り

史上初の 国連ニュース 障害者に影響を与える問題に関する最大規模の世界会議に参加するために世界中から人々が国連本部に集まる中、ゲスト編集者によるライブブログの乗っ取りが11月XNUMX日に行われた。

COSP17 のオープニング セッションを報道するライブ ページは、活動家、俳優、トーク ショーの司会者であり、知的障害者のための 17 か国 160 コミュニティのネットワークの一部である NGO、L'Arche Canada の COSP37 代表でもあるゲスト編集者の Nick Herd 氏が担当します。

COSP16の代表から引き継ぎまで 国連ニュース今年の COSP17 でのライブ ブログで、ダウン症の擁護者である彼は、障害者の権利とインクルーシブ コミュニティをめぐる進行中の対話について貴重な洞察を提供します。また、世界中の代表者や変革者へのインタビューを行い、戦争や気候災害の際の技術、雇用、援助活動におけるインクルーシブ性を高める最善の方法を探ります。彼の使命は、声を増幅し、変化を推進することです。

ブログは8月11日午前XNUMX時に公開されます。UNニュースにご注目ください。 (茶事の話はこちらをチェック)、ソーシャルメディアでハッシュタグ#COSP17をフォローしてください。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-