8 C
ブリュッセル
9月(日曜日)24、2023
経済欧州議会 EPP グループ: ポーランドは、EU の最低法人税のブロックを停止する必要があります...

欧州議会EPPグループ:ポーランドはEUの最低法人税率の阻止をやめなければなりません

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

著者からのより多く

迫害されたキリスト教徒 - サハラ以南アフリカにおけるキリスト教徒の迫害に関する欧州議会での会議 (クレジット: MEP Bert-Jan Ruissen)

迫害されているキリスト教徒に対する沈黙を破る

0
バート=ヤン・ルイセン議員は、世界中で迫害されているキリスト教徒の苦しみをめぐる沈黙を非難するため、欧州議会で会議と展示会を開催した。 EUは、特にこの沈黙により命が失われているアフリカにおいて、信教の自由の侵害に対してより強力な行動をとらなければならない。

「大企業が公平な税負担を確実に支払うために、世界中の積極的な税務計画を効果的に終わらせる時が来ました。 ポーランドなどの最も消極的な国に、EUレベルでの決定の阻止をやめ、多国籍企業の最低課税に関するEUでのOECD協定の実施への道を開くようお願いします。 EPPグループのおかげで、欧州議会はその責任を負い、EUでのグローバル合意の実施を強力に支援しています。 欧州議会の経済通貨委員会での本日の投票の前に、このファイルのEPPグループ交渉担当者であるLuděkNiedermayerMEPは、次のように述べています。

OECDによって提案され、世界中の100か国以上でサポートされている新しい国際的枠組みは、多国籍企業に、本社がある場所だけでなく、事業を行う場所で税金を支払うように強制し、最低15%の法人税率を課すことを目的としています。

「法人税の厳しい基準を設けることで、近隣窮乏化税競争の最悪の超過を制限する必要があります。 新しい規則により、私たちは不公正な税競争を排除すると同時に、加盟国が適切と考える税政策を設計するという特権を大部分保持します。 新しい体制は、事実上、最悪の犯罪者を捕まえるためのバックストップです。 EPPグループの経済担当スポークスマンであるMarkusFerberMEPは、次のように述べています。

「OECD協定を尊重し、欧州企業にペナルティを課さない、迅速でありながら勤勉な実施が必要です。 私たちは、新しい規則をできるだけ早く発効させるための迅速な手続きを意図的に推進しました。 それでも、欧州議会の他の政党が、これがOECD / G20ベースの提案に重要な変更を提案する場所ではないことを理解していれば、さらに速くなる可能性があります。これは、非常に価値のある世界的な合意を損なうだけでなく、また、EU企業と経済を競争上の不利益にさらす可能性もあります」とNiedermayerとFerberは結論付けました。

(ソース EPPグループ )

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-