9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
機関国連ガザ停戦が目前に迫り、国連救援チームは出動の準備を整えている...

ガザ停戦が目前に迫り、国連救援チームは援助拡大の準備を整える

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

メディア報道によると、7月XNUMX日のテロ攻撃以来パレスチナ武装勢力が拘束していたXNUMX日間の人道活動停止と人質解放に関するイスラエル・ハマスの合意をめぐる交渉が進行中で、合意が発効する可能性は低いと考えられていることが示された。金曜日。

飢餓が増大する中、国連世界食糧計画(WFP)長官シンディ・マケインは、安全なアクセスが許可され次第、政府機関は「ガザ地区内での支援を拡大するために迅速に動員する」と述べた。 彼女のコメントは、国連緊急救援主任マーティン・グリフィス氏の発言を受けてのものだった。 ステートメント 飛び地に持ち込まれ、ストリップ全域に配布される援助の量を増やす組織の準備について。

マケイン氏はこう言った WFP トラックは「ラファ交差点で待機しており、避難所にいる家族やガザ各地の住宅に送る予定の食料と、パン屋が営業を再開するための小麦粉を積んでいる」。

最新の国連の人道報告書によると、ガザ北部の市場では小麦粉が入手できなくなり、燃料、水、小麦粉の不足、建物の損傷によりパン屋も機能していないことが明らかになった。

ライフラインに期待

21月73日にエジプトとのラファ国境を通じた限定的な援助物資の輸送が再開されて以来、トラックXNUMX台強のWFP食糧援助がガザに到着したが、必要量にははるかに及ばない。

マケイン氏は、より多くの燃料が飛び地に流入することで「必要な物資をトラックで運ぶことができ、毎日何十万人もの人々に再びパンがライフラインとして提供されるようになる」との希望を表明した。

国連人道問題調整事務所によると、「重要な人道活動のために毎日少量の燃料の持ち込み」を許可するというイスラエルの先週の決定を受けて、水曜、約75,000万XNUMXリットルの燃料がエジプトからガザ地区に流入した。 国連人道問題調整事務所.

燃料はパレスチナ難民のために国連機関によって配布されています。 UNRWA、イスラエルの軍事作戦によって北部へのアクセスが遮断されているため、ストリップ南部の病院、水と衛生施設、避難所、その他の重要なサービスでの食料配布と発電機の稼働を支援するためです。 

OCHA長官兼国連緊急救援主任マーティン・グリフィス氏 先週言った 200,000日あたり約XNUMX万リットルの燃料が必要だったという。

病院避難に関する最新情報

ガザ市のアル・シファ病院からの負傷者や病人、その同行者、医療従事者190人の新たな避難が水曜日に完了した。

開発は 発表の 国連保健機関による これは、国連機関とパレスチナ赤新月社(PRCS)が主導する人道的パートナーとの共同取り組みとして行われています。

避難者は救急車の車列で南へ搬送された。

OCHAはPRCSの報告書を引用し、避難は「ガザ北部と南部を隔てる検問所を通過する際に車列が妨害され検査を受けたため、ほぼ20時間続いた」とし、患者の命が危険にさらされたという事実を遺憾に述べた。

避難した透析患者はガザ地区ラファにあるアブ・ユーセフ・アン・ナジャール病院に搬送され、他の患者はカーン・ユニスにあるストリップのヨーロッパ病院に搬送された。 OCHAによると、現在は稼働していないアル・シファには推定250人の患者とスタッフがいると考えられている。

一方、水曜日には、ガザ地区の主要な交通動脈であるサラー・アド・ディーン通り沿いにイスラエル国防軍が開設した「回廊」を利用してガザ北部を出て南に渡る避難民の数がこれまでで最低となった。

OCHAの監視によれば、南に移動したのはわずか約250人だった。 国連事務所は、この減少は「人道的一時停止がまだ実施されていないことによって生じた期待に主に起因している」と述べた。

現在までにガザでは1.7万人以上が国内避難民となっている。

ガザ内の生活

一方、今週ガザから避難したUNRWA職員は次のように語った。 国連ニュース 紛争中の暮らしと働きについて。

UNRWAの倉庫・配給担当官であるマハ・ヒジャジ氏は、現在施設に避難している数十万人の避難民(IDP)の食料を確保する責任を負っていた。

「私たちの計画は…150,000万人のパレスチナ国内避難民をUNRWAの避難所に収容することでしたが、現在その数は約XNUMX万人に達しています」と彼女は語った。

国連とパートナーは、食料、水、燃料、医薬品、その他切実に必要な物資の深刻な不足に直面し続けているガザ地区へのさらなる援助を求め続けている。

避難所は満員、市場は空っぽ

UNRWA職員のほとんどは自身もパレスチナ難民であり、救命活動を続けながら避難所に避難している人もいる。 これまでに100人以上の同僚が殺害された。

ヒジャジさんの家族はいずれの避難所にも滞在していなかったが、両親は市場でほとんど食べ物を見つけられなかったと彼女は語った。

「市場に行きましたが、空いていました。 購入できるものは何も見つかりませんでした。 お金はありますが、買うものは何もありません」と彼女は言いました。 

母の決断

月曜日、ヒジャジさんと家族はガザからエジプトへ避難した。 彼女は怒り、故郷、アパート、仕事を離れることに消極的でした。

「私の子供たちも、パレスチナ人の子供たちも、安全、安全、守られていると感じていません。 昼も夜もどこでも爆撃音が聞こえます」と彼女は語った。

ヒジャジさんは、寝る前に子供たちが近所の人や親戚のように死ぬのかとよく尋ねたと回想した。

「私は彼らを抱きしめ、私たちが死んだら完全に死ぬので、何も感じないようにすることを約束しなければなりませんでした。 そして、爆撃音が聞こえても、あなたは安全です。 あなたを殺すロケット、あなたにはその音は聞こえないでしょう」と彼女は言った。

ガザを離れてエジプトに向かうのは苦痛だったが、ヒジャジさんは二重国籍の子供たちにとってこれが最善の決断だと感じた。

「子供たちに眠ってもらい、自分たちが他の子供たちと似ていると感じてもらう機会を作る必要があります」と彼女は言いました。

「旅行中ずっと、私たちは自分たちの土地を離れたくない、ガザを離れたくないので、子供たちと一緒に泣いていました。 しかし、私たちは安全と保護を求めてそうせざるを得ません。」

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-