15.2 C
ブリュッセル
Friday, September 22, 2023
ニュース権利の専門家は、「人種化されたゲートキーピング」がどのように行われるかを聞きます

権利の専門家は、「人種化されたゲートキーピング」がどのように行われるかを聞きます

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

著者からのより多く

権利の専門家は、「人種化されたゲートキーピング」がフランスの開発にどのように影響するかを聞きます

フランスはアフリカ系の人々とのパートナーシップの経済的および開発上の利益を考慮すべきである、と国連人権理事会によって任命された作業部会の長は月曜日の声明で述べた。
ドミニク・デイ、会長 アフリカ系の人々に関する専門家のワーキンググループ話す 13月16日からXNUMX日までのパリ訪問をきっかけに。 

 

開発に焦点を当てる 

国連の権利専門家による国の訪問は、受入国政府の招待で行われ、事実の発見、診断、および勧告に焦点を当てています。 

しかし、メンバーが機会と障害を検討したため、ワーキンググループの使命は異なっていました。 持続可能な開発目標 (SDGs)アフリカ系の人々に固有のもの。 

これらの問題には、植民地主義と大西洋奴隷貿易の遺産に起因する可能性のある現在の経験の不可視性または無視が含まれます。 

「実力主義の物語にもかかわらず、教育と専門能力開発のさまざまな段階にあるアフリカ系の人々は、重要な成功を収めた人々を含め、重要なスキルと才能が存在する場合でも、アクセスと認識には機関のゲートキーパーによる恩恵が不可欠であると報告しました。 」 ワーキンググループの議長であるドミニク・デイは言った。 

「人種化されたゲートキーピングは反対です 人権、アフリカ系の人々に個別にそして全体として厳しい開発コストを課し、フランスから複数の分野で証明された経済的推進力を奪います。」 彼女は付け加えた。  

歓迎の努力 

ミッションの間、ワーキンググループは人権機関、国連教育文化機関、 ユネスコ、および開発コンテキストに精通している幅広い市民社会の代表者。 

「代表団は、主要な障壁に光を当て、アフリカ系の人々が雇用と専門能力開発に必要な公式および非公式のメカニズムにアクセスできるようにするためのネットワークを構築するためのいくつかの分野での継続的な取り組みを歓迎しました。」 声明は言った。 

この訪問は、フランス当局が改善を促進するために使用できる特定の「開発の推進力」を提供する機会でもあり、ミッションは、アフリカ系の人々を 2030アジェンダ

デイ氏は、ユネスコの奴隷ルートプロジェクトは、アフリカ系の人々によって報告された現在の経験を推進する歴史的および遺産の問題を浮き彫りにするのに役立ったため、専門家にとって重要な知識源であると述べました。 

「ワーキンググループはこの段階ではフランス政府の代表者と会談しませんでしたが、この訪問中に集められた観察結果を共有し、国の人権への取り組みに基づいた対話を開始します。 フランスは、アフリカ系の人々とのパートナーシップの経済的および開発上の利益を考慮する必要があります」と彼女は言いました。 

作業部会は、その予備的見解をフランス政府と共有し、公式の国内訪問の枠組みの中で対話の開始を提案します。 

独立した声 

独立した専門家、特別報告者および作業部会のメンバーは国連によって任命されます 人権理事会 特定の国の状況やテーマの問題を監視し、報告するため。 

これらの人々はそれぞれの立場で奉仕し、国連職員ではなく、国連からの支払いも受けていません。

- 広告 ​​-
-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-