5.5 C
ブリュッセル
4月(土曜日)20、2024
ヨーロッパEU、ロシアに対する新たな制裁を採択

EU、ロシアに対する新たな制裁を採択

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ロシアに対する新たな制裁の第XNUMX弾には、ロシアからのダイヤモンドの輸入、購入、譲渡の禁止が含まれている。また、制裁の執行と回避策も強化する。

理事会は本日、ロシアによるウクライナへの侵略戦争の継続を考慮して、経済的および個別的制限措置の第XNUMX次パッケージを採択した。これらの措置は、ロシア経済の高価値セクターを標的にし、回避をより困難にすることで、プーチン大統領の戦争遂行能力にさらなる打撃を与える。 EU 制裁。

合意されたパッケージには次の措置が含まれます。

ダイヤモンド

EU は直接的または間接的な禁止を課しています。 import購入 or 転送 of ロシア産ダイヤモンド。この禁止事項は、ロシア産ダイヤモンド、ロシアから輸出されるダイヤモンド、ロシアを経由するダイヤモンド、および第三国で加工されるロシア産ダイヤモンドに適用されます。

直接禁止が適用されるのは、 非工業用の天然および合成ダイヤモンド と同様 ダイヤモンドジュエリー1 年 2024 月 XNUMX 日現在。さらに、ロシア産ダイヤモンドを組み込んだジュエリーを含め、第三国で加工(つまり、カットおよび/または研磨)されたロシア産ダイヤモンドの間接輸入禁止は、1年2024月XNUMX日から段階的に導入される予定です。 1年2024月XNUMX日までに完了する。この間接輸入禁止の段階的導入は、効果的な執行措置を可能にし、EU市場への混乱を最小限に抑えるトレーサビリティメカニズムを導入する必要性によって正当化される。

ロシア産ダイヤモンドの禁止は、 G7 を開発するための努力 国際的に調整されたダイヤモンドの禁止 この重要な収入源をロシアから奪うことを目的としている。

ロシア条項なし

本日の決定により、EUの輸出業者は契約上、 ロシアへの再輸出を禁止する ロシアで使用するための再輸出 特にデリケートな商品や技術の場合、パートナー国を除く第三国に販売、供給、譲渡または輸出する場合。この条項は、ウクライナの戦場で発見されたロシアの軍事システムで使用されている禁止品目、またはそれらのロシアの軍事システムの開発、生産、使用に不可欠な品目、および航空用品や武器を対象としています。 

輸出入管理と制限

評議会はこう付け加えた 29 の新しいエンティティ それらのリストに直接アクセス ロシアの軍産複合体を支援 ウクライナに対する侵略戦争で。これらは、以下の点についてより厳しい輸出規制の対象となります。 デュアルユースの商品と技術、ならびにロシアの防衛および安全保障部門の技術強化に貢献する可能性のある物品および技術。これら 29 のエンティティの一部は以下に属します 第三国 貿易制限の回避に関与しているのか、それともロシアの企業が開発、生産、供給に関与しているのか。 電子部品 ロシアの軍産複合体のために。

さらに、本日の決定により、ロシアの国防・安全保障部門の技術強化に寄与する可能性のある制限品目のリストが拡大され、以下が含まれることになる。 化学品リチウム電池サーモスタットDCモーターとサーボモーター 無人航空機用 (UAV(ドローン)), 工作機械 と機械 部品.

最後に、EU は次の制限を導入しました。 輸入 ロシアに多大な収入をもたらす製品 これにより、年間総額2.2億ユーロ相当の銑鉄、シュピーゲルライゼン、銅線、アルミニウム線、箔、管、パイプなどのウクライナ侵略戦争の継続が可能となる。新しい に輸入禁止が導入される 液化プロパン(LPG) 12 か月の移行期間あり。

最後に、審議会は、以下の事項に関する輸入制限にいくつかの例外を導入することを決定した。 個人使用アイテム、個人衛生用品、旅行者が着用する衣類、または旅行者の荷物に含まれる衣類など、 自動車 EUに入国するための外交車両登録プレートを備えた車両。さらに、ロシアに居住するEU国民の加盟を促進するために、加盟国は、自動車が非販売品であり、厳密に個人使用のために運転される場合に限り、自国の自動車の入国を許可することができる。

実施および迂回防止措置

  乗り継ぎ禁止 EUからロシア領土を経由して第三国に輸出されるデュアルユースの商品や技術に現在適用されているこの規定は、すべての国々に拡大される。 戦場グッズ.

回避をさらに制限するために、今日の決定には以下の禁止が含まれています。 ロシア国民 ポストを所有、管理、保持することを禁止する on   統治機関 ロシアの個人および居住者に暗号資産のウォレット、アカウント、または保管サービスを提供する法人、団体、または団体のこと。

さらに、サービスの提供に関する既存の禁止事項は、以下の提供も含むように拡張されます。 企業の管理用ソフトウェアと 以下のためのソフトウェア 工業デザインと製造.

最後に、EU は次の事項について通知義務を課しています。 EU外への資金移動 EU 内に設立され、ロシアに設立された組織によって所有または管理される組織、またはロシア国民もしくはロシアに居住する自然人によって所有または管理される組織によるもの。

原油価格の上限規制の強化

評議会は、原油価格の上限の実施を支援し、回避行為を取り締まるために、より厳格なコンプライアンス規則を導入しています。さらに、 情報共有メカニズムの強化 これにより、ロシアの原油や石油製品の輸送中に、貨物の出発地や目的地を隠すために使われる瀬取りやAIS操作などの欺瞞行為を行っている船舶や団体をより適切に特定できるようになる。

審議会はまた、 第三国へのタンカーの販売 特にロシアの原油や石油製品の輸入禁止やG7の価格制限を回避するために利用される可能性のある中古船の場合、その販売と輸出の透明性を高めるためである。

鉄鋼

今日の決定によりさらに追加されるのは、 スイス ロシアからの鉄鋼の輸入に一連の制限措置を適用するパートナー国のリスト、およびEUの措置と実質的に同等の一連の輸入規制措置を適用する。

また、特定の鉄鋼製品の輸入の縮小期間も延長される。

個々のリスト

経済制裁に加えて、理事会はさらに大量の個人や団体をリストに掲載することを決定した。

経歴

26年27月2023~XNUMX日に行われた欧州理事会の結論書において、EUは国連憲章の明白な違反であるロシアのウクライナに対する侵略戦争を断固として非難し、ウクライナの独立、主権、国内の領土保全に対するEUの揺るぎない支持を再確認した。国際的に認められた国境と、ロシアの侵略に対する固有の自衛権である。

欧州連合は、必要な限り、ウクライナと国民に強力な財政的、経済的、人道的、軍事的、外交的支援を提供し続ける。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-