13.3 C
ブリュッセル
4月の金曜日、12、2024
ヨーロッパ繊維と食品廃棄物の削減: 循環経済をサポートする新しい EU ルール

繊維と食品廃棄物の削減: 循環経済をサポートする新しい EU ルール

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

環境委員会は、EU全体で繊維と食品の廃棄をより良く防止し、削減するための提案を採択しました。

毎年、 60百万トン 食品廃棄物の削減(131人当たりXNUMXkg)と 12.6百万トン 繊維廃棄物の大部分は、 EU。衣類と履物だけでも5.2万トンの廃棄物が発生しており、これは毎年一人当たり12kgの廃棄物に相当します。推定されるのは、 世界中のすべての繊維のうちリサイクルされるのは 1% 未満です 新しい製品に。

水曜日、環境委員会の議員らは、 修正案 廃棄物枠組み指令については、賛成 72 票、反対なし、棄権 XNUMX 票で可決されました。

より野心的な食品廃棄物削減目標

欧州議会議員らは、欧州委員会が提案した拘束力のある廃棄物削減目標を、食品加工および製造業で(20%ではなく)少なくとも10%に、小売、レストラン、食品サービス、家庭では一人当たり40%(30%ではなく)に引き上げたいと考えている。 、2020 年から 2022 年の間に生成された年間平均と比較。 EU諸国 これらの目標が 31 年 2030 月 XNUMX 日までに国家レベルで達成されるようにする必要がある。

また、欧州議会議員らは、欧州委員会が2035年に向けてより高い目標(それぞれ少なくとも30%と50%)を導入する可能性を評価し、適切な立法提案を行うことを求めている。

繊維製品、衣類、履物に対する拡大された生産者責任

MEPが採用した新規則は、拡大生産者責任(EPR)制度を創設し、EU市場で繊維製品を販売する経済事業者が分別収集、分別、リサイクルの費用を負担することになる。加盟国は、指令発効後 18 か月以内にこれらの制度を確立する必要があります (欧州委員会が提案した 30 か月と比較)。並行して、EU諸国は1年2025月XNUMX日までに再利用のための繊維の分別収集を確保し、再利用とリサイクルの準備をする必要がある。

これらの規則は、皮革、合成皮革、ゴム、プラスチックなどの繊維関連素材を含む製品を含む、衣類やアクセサリー、毛布、ベッドリネン、カーテン、帽子、履物、マットレス、カーペットなどの繊維製品を対象とします。

見積もり

報告者 アンナ・ザレフスカ (ECR、PL) 「私たちは、「醜い」果物や野菜の販売促進、不公平な市場慣行の監視、日付表示の明確化、売れ残りの消費可能な食品の寄付など、食品廃棄物を削減するための重点的なソリューションを提供しています。繊維製品については、非家庭用品、カーペット、マットレス、オンラインプラットフォームでの販売も含めることで抜け穴をふさぎます。我々はまた、輸出された使用済み繊維を監視する繊維廃棄物の削減目標も要請する。分別収集を増やすためのより良いインフラは、混合都市廃棄物をより効率的に分別することで補完され、リサイクル可能な品目は焼却炉や埋め立て地に送られる前に抽出されるべきである。」

次のステップ

全院は2024年6月の本会議中にその立場について投票する予定である。このファイルは、9月XNUMX~XNUMX日の欧州選挙後に新議会によってフォローアップされる予定だ。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-