0.5 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
編集者の選択EESC がヨーロッパの住宅危機に警鐘を鳴らす:緊急の呼びかけ

EESCが欧州の住宅危機に警鐘を鳴らす:緊急の行動を求める

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

ブリュッセル、20 年 2024 月 XNUMX 日 – EU の組織的市民社会の連携として認められている欧州経済社会委員会 (EESC) は、 悲惨な警告を発した ヨーロッパでエスカレートする住宅危機、特に弱い立場の人々や若者に影響を及ぼしていることについて。ブリュッセルでのハイレベル会議で、EESCは状況の緊急性を強調し、すべての人にまともで手頃な住宅へのアクセスを確保するためにEU全体で連携して対応する必要性を強調した。

  住宅危機ヨーロッパ人の間で、手頃な価格で十分な宿泊施設を見つけることができなくなっていることが特徴であり、住宅の不安、健康問題、環境破壊の増加など、多くの悪影響をもたらしています。 EESCの会議は危機の多面的な影響を強調し、住宅は多くの世帯にとって主要な出費であるだけでなく、EU内の社会的および領土的結束の重要な決定要因でもあると強調した。

ユーロファウンドによる研究を含む最近の研究では、この危機が若者に偏って影響を及ぼし、自立生活への移行を遅らせ、世代間の不平等を悪化させていることが明らかになっている。スペイン、クロアチア、イタリアなどの国々では、親と暮らす若者の数が大幅に増加しており、危機の深刻化を示している。

EESC は長い間、EU 全体の住宅問題に取り組むことを主張してきました。 2020年には欧州の住宅に関する行動計画を求め、社会的かつ手頃な価格の住宅の供給を増やし、ホームレスと闘うための対策を提案した。住宅政策は国の責任であるにもかかわらず、EESCの勧告は危機に対する欧州全体のアプローチを促進することを目的としている。

提案された措置の中には、手頃な価格の住宅に関する年次EUサミットの開催、特定の規制による住宅に対する普遍的権利の確立、手頃な価格の住宅への投資のための欧州基金の創設などが含まれる。これらの提案は、住宅不足に効果的に取り組むために、地元からEU全体に至るあらゆるレベルの関係者を動員することを目的としています。

この会議では、EESC会長のオリバー・ロプケ氏を含むハイレベルの講演者による発言が行われ、手頃な価格の住宅政策の推進における市民社会団体の役割を強調した。欧州委員(雇用と社会権担当)のニコラス・シュミット氏は、手頃な価格の住宅へのアクセスを確保することが複雑であることを認めながらも、強力な社会欧州の必要性を強調した。エストレリャ・ドゥラ・フェランディス議員は、社会住宅、公共住宅、そして手頃な価格の住宅に関するEUの統合戦略を求め、一方ワロン地域住宅・地方自治体大臣クリストフ・コリニョンは、住宅はホームレスの防止と社会的一体性の促進に不可欠な基本的権利であると強調した。

EESCは勧告をまとめ、今後リエージュで開催される住宅閣僚会議で提示する予定で、住宅危機を2024年から2029年の新しい欧州議会および欧州委員会の議題に据えることを目指している。この取り組みは、当面の課題に対処するだけでなく、すべてのヨーロッパ人にとって高品質で手頃な価格の住宅へのアクセスを確実に実現するための長期的な解決策の基礎を築くことも目指しています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-