14.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
機関国連ジュネーブ会議、エチオピアの人命救助に630億XNUMX万ドルを約束

ジュネーブ会議、エチオピアの人命救助に630億XNUMX万ドルを約束

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連が支援する3.24億2024万ドルのXNUMX年の人道対応計画には、わずかXNUMX%の資金が投入されている。 

国連とエチオピアおよび英国政府が主催するこの会議は、15.5年までに約2024万人への救命援助を強化する公約を聞くことを目的としている。世界への援助提供を維持するには、即時1億ドルの資金が必要である。次のXNUMXか月。

干ばつ、洪水、紛争が繰り返されることにより、危機はさらに拡大しています。食料不安と栄養失調は、10.8月からXNUMX月の凶作期にXNUMX万人に影響を与えると予想されている。

多要素の危機

約4.5万人が家を追われ、公衆衛生や保護サービスに対する懸念が高まっている。エルニーニョ現象は北部高原の干ばつ状況を悪化させ、利用可能な水の減少、牧草地の乾燥、収穫量の減少につながっています。 

アファール州、アムハラ州、ティグレ州を含む多くの地域で栄養不良率は悪化し続けている、資金の重要な必要性を強調しています。

「紛争により、何千もの学校、医療施設、水道システム、その他の地域インフラが破壊されました。それがさらに困難を増している」と国連事務次長補兼エチオピア人道調整官のラミズ・アラクバロフ氏は述べ、次のように付け加えた。 人道支援活動従事者の安心と安全は依然として問題である 「エチオピアの多くの地域」で。 

エチオピア政府は最近、災害リスク管理および災害リスク管理に関する新しい国家政策を承認しました。 食料支援に250億XNUMX万ドルを約束 今後数か月以内に。さらに、地方政府と国の民間部門は、緊急対応のために国内リソースをさらに割り当てています。

数字の強さ

ジョイス・ムスヤ国連人道問題担当事務次長は、「蜘蛛の巣が団結すればライオンも縛ることができる」という意味のアムハラ語のことわざでイベントを締めくくった。

「これは、今日の午後に私たちが行ったように、人々が団結すれば、困難な任務を達成し、大きな課題を克服できることを示唆しています」と彼女は付け加えた。 

彼女は、米国が21億253万ドル、英国が125億XNUMX万ドルを約束したXNUMXの現金約束を称賛し、エチオピア国民を代表して「共通の目標を達成するための団結と集団的努力の力」を示していると述べた。

WHO、現金注入なしでは活動「継続できない」

世界保健機関を代表して発言()マイク・ライアン博士は会議で、コレラの流行は現在20周年を迎えていると語った。th 月間の感染者数は41,000万1.1人を超え、マラリアの感染者数はすでに年間XNUMX万人を超えている。

これらの流行は、干ばつや洪水により何百万人もの人々が不可欠な医療サービスにアクセスできない状況で発生しており、状況はさらに悪化しています。

「WHOと私たちの医療パートナーは現場で命を救う医療サービスを提供している」と同氏は述べ、「緊急の資金がなければ継続できません

「今年これまでのところ、事業を継続するために必要な187億XNUMX万ドルのうちXNUMX%しか受け取っていません。」

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-