15.4 C
ブリュッセル
土曜日、5月18、2024
機関国連国連、ミャンマーに留まり、任務を遂行するというコミットメントを強調

国連、ミャンマーに留まり、任務を遂行するというコミットメントを強調

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

全国での戦闘の拡大により、地域社会から基本的なニーズや必要不可欠なサービスへのアクセスが奪われ、人権と基本的自由に壊滅的な影響を与えていると、国連事務次長補で政治と平和構築問題にもまたがるハリド・キアリ氏は述べた。平和活動として。

この公開会見は、1年2021月XNUMX日に軍が民主的に選出された政府から権力を掌握して以来、ミャンマーに関する評議会の会合は初めてとなったが、メンバーらは以下の方針を採択した。 危機に対する解決策 12月2022インチ 

UN アントニオ・グテーレス事務総長 は一貫してウィン・ミン大統領、アウン・サン・スー・チー国家顧問ら拘留中の人々の釈放を求めている。 

ロヒンギャコミュニティへの懸念

キアリ氏は、ミャンマー軍による無差別空爆やさまざまな勢力による砲撃が報告される中、民間人の犠牲者は増え続けていると述べた。

同氏はラカイン州の状況について報告した。ラカイン州は主に仏教徒が住むミャンマーの最貧地域であり、主にイスラム教徒が無国籍のロヒンギャ民族の本拠地である。迫害の波を受けて100万人以上の会員がバングラデシュに逃れた。 

ラカイン州では、ミャンマー軍と分離主義者組織アラカン軍との間の戦闘が前例のない暴力レベルに達しており、既存の脆弱性がさらに悪化していると同氏は述べた。 

伝えられるところによると、アラカン軍は中心部の大部分の領土支配を獲得し、多くのロヒンギャが残る北部への拡大を目指している。  

根本原因に対処する  

「ロヒンギャ危機の根本原因に対処することは、現在の危機から抜け出す持続可能な道を確立するために不可欠です。それを怠り、引き続き不処罰が続けば、ミャンマーの暴力の悪循環はさらに加速するだけだ」と同氏は述べた。 

キアリ氏はまた、アンダマン海やベンガル湾で危険な船旅をしている間に死亡したり行方不明になったりするロヒンギャ難民の驚くべき急増を強調した。 

同氏は、現在の危機を解決するにはミャンマー国民が自由かつ平和的に人権を行使できる条件が必要であり、軍による暴力活動と政治的弾圧を止めることが重要な一歩であると述べた。 

「この点で、事務総長は、国中で紛争と人権侵害が激化する中で選挙を強行しようとする軍の意図に対する懸念を強調した」と付け加えた。 

地域への影響 

キアリ氏は地域に目を向け、主要な国境地域での紛争により国境を越えた安全保障が弱まり、法の支配の崩壊により違法経済の繁栄が許されているため、ミャンマーの危機は波及し続けていると述べた。

ミャンマーは現在、覚せい剤とアヘンの生産の中心地となっており、特に国境地帯で世界的なサイバー詐欺活動が急速に拡大している。  

「生計の機会が乏しい中、犯罪ネットワークはますます弱い立場にある人々を食い物にし続けている」と彼は述べた。 「東南アジアの地域的な犯罪の脅威として始まったものが、今では蔓延する人身売買と違法貿易の危機となり、世界的な影響を及ぼしています。」 

サポートを強化する 

キアリ氏は、ミャンマー国民と連帯して活動を続けていくという国連の約束を支持した。   

同氏は、国際的な団結と支援の拡大の必要性を強調し、国連は引き続き地域圏であるASEANと連携し、すべての利害関係者と積極的に関わっていくと述べた。 

「長期化する危機が深刻化する中、事務総長は引き続き国際的な統一対応を呼びかけ、加盟国、特に近隣諸国に対し、その影響力を活用して国際原則に沿って人道的ルートを開き、暴力を終わらせ、包括的な解決策を模索するよう奨励する」ミャンマーの包括的で平和な未来につながる政治的解決だ」と述べた。 

移動と恐怖 

危機による人道的影響は重大であり、非常に憂慮していると理事会メンバーらは聞いた。

国連人道問題事務所のリーズ・ドーテン氏は、 国連人道問題調整事務所によると、ミャンマーでは現在約2.8万人が避難しており、その90%は軍の占領以来だという。

特に今年初めに徴兵に関する国内法が発効して以来、人々は「命の危険にさらされて日々暮らしている」。必要不可欠な商品やサービスにアクセスし、対処する能力は限界まで達しています。 

何百万人もお腹がすいた 

人口の約12.9分のXNUMXに当たるXNUMX万人近くが食糧不安に直面している。基本的な医薬品は不足し、医療制度は混乱に陥り、教育は大幅に中断されています。現在、学齢期の子供たちの約 XNUMX 分の XNUMX が教室に通っていません。 

この危機は女性と女児に過度の影響を及ぼしており、そのうち約9.7万人が人道支援を必要としている。暴力の激化により、女性と女児の脆弱性が増大し、人身売買やジェンダーに基づく暴力にさらされている。 

待つ時間はありません 

人道支援団体は、今年ミャンマー全土で約18.6万人が支援を必要とするだろうと推定しており、これは20年2021月と比べてXNUMX倍近く増加している。

ドーテン氏は、支援活動の支援、困っている人々への安全で妨げのないアクセス、援助従事者のための安全な環境を支援するための資金の増額を求めた。

「武力紛争の激化、行政上の制限、援助従事者に対する暴力はいずれも依然として重要な障壁となっており、弱い立場にある人々に人道支援が届くことを妨げている」と彼女は述べた。 

彼女は、紛争が激化するにつれ人道的ニーズが増大しており、モンスーンの季節が近づいているため、ミャンマーの人々にとって一刻を争う状況であると警告した。 

「彼らは私たちが忘れるわけにはいきません。彼らには待つ余裕はないのです」と彼女は言った。 「彼らはこの恐怖と混乱の時代を生き抜くために、今、国際社会の支援を必要としています。」 

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-