18.8 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
人権朝鮮民主主義人民共和国における人権侵害に対抗するには説明責任が不可欠

朝鮮民主主義人民共和国における人権侵害に対抗するには説明責任が不可欠

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

口頭での最新情報では、 人権理事会 – 国連の最高人権機関 – ナダ・アル・ナシフ副高等弁務官 DPRK (より一般的には北朝鮮として知られている) は遵守の兆候を示していませんでした。

「国家が不処罰に対処する兆候はないため、 朝鮮民主主義人民共和国の外で責任を追及することが不可欠である"と彼女は言った。

これは、何よりもまず、次の機関への紹介を通じて達成されるべきです。 国際刑事裁判所 (ICC)、または治外法権および普遍的管轄権という一般に認められた原則に基づく国際基準に従った国家レベルの訴追を要求する」と彼女は主張した。

権利局次長 OHCHR 非司法責任が重要であると指摘した。

「刑事責任の取り組みと並行して前進し、被害者が生涯に何らかの形で正義を受けられるようにするためには、非司法責任も不可欠である。」

幅広い相談

アル・ナシフ女史は、考えられる戦略を策定するにあたり、OHCHRは過去1年間、国内外の司法当局者や司法実務家、政府、市民社会の専門家、学界と幅広く協議したと述べた。

たとえば先月、同局は説明責任のあらゆる側面の専門家を会議に集め、今後の方法とベストプラクティスについて話し合った。

これには、刑事司法手段と民事責任のオプション、および非司法的な責任形態が含まれます。 真実の語り、追悼、賠償などだ」と彼女は語った。

意識を高めます

同副高等弁務官は、OHCHRは過去1年間、北朝鮮の人権状況についての意識を高めるために特別な資源を投入したと述べた。

2023年XNUMX月、隣国の韓国と日本の国民を含む強制失踪と拉致に関する画期的な報告書を発表した。

「この報告書は、被害者とその家族に対する犯罪の影響と、説明責任に関する彼らの要求とニーズを明らかにしました」と彼女は述べた。

逃亡者を保護する

アル・ナシフ氏は、北朝鮮から逃亡した人々や権利侵害の被害者は、国内の状況や説明責任のプロセスに関する重要な情報源であると強調した。

「私は関係するすべての加盟国に引き続き呼びかけます」 OHCHRが逃亡者に完全かつ妨げられないアクセスを確保できるようにするため"と彼女は言った。

同氏はまた、すべての国に対し、北朝鮮への人々の強制送還を控え、彼らに保護と人道支援を提供するよう求めた。

「本国送還は彼らを拷問、恣意的拘禁、その他の重大な人権侵害の現実の危険にさらす」と彼女は警告した。

アル・ナシフ副高等弁務官が人権理事会で演説。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-