3.1 C
ブリュッセル
2月(水曜日)28、2024
宗教キリスト教ロシア、エホバの証人が国籍剥奪されトルクメニスタンに強制送還

ロシア、エホバの証人が国籍剥奪されトルクメニスタンに強制送還

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

17年2023月XNUMX日、連邦移住局の職員は裁判所の決定に反して、ルスタム・セイドクリエフをトルクメニスタンに強制送還した。 以前、FSBの主導により、彼の信仰に対する刑事訴追により、彼のロシア国籍は剥奪された。 

セイドクリエフ 判決を受けた 礼拝に参加し、聖書の話題について話したことにより、懲役XNUMX年XNUMXか月の刑に処せられる。 合計すると、ロスタムは XNUMX 年と XNUMX か月あまりを刑務所の中で過ごしました。 セイドクリエフのその後 リリース 植民地からの追放により、追加の懲罰が発効した。 それは投獄とは関係なく、妻と一緒に暮らし、サラトフを自由に移動し、友人とコミュニケーションを取り、仕事をすることを許可しました。 

司法手続

2020年2021月、捜査委員会はルスタム・セイドクリエフに対する刑事訴訟を開始した。 彼は聖書を読んで議論したことで過激主義者として非難された。 33週間後、警察はアドラーのショッピングセンターで彼を逮捕した。 彼はサラトフ市に移送され、2023か月間自宅軟禁された。 XNUMX年XNUMX月、セイドクリエフの訴訟が法廷に持ち込まれた。 XNUMXか月後、彼は有罪となり、一般政権の植民地でXNUMX年半の懲役刑を言い渡された。 地方裁判所はこの期間を XNUMX か月短縮した。 破毀院はこの決定を承認した。 セイドクリエフはサラトフの流刑地-XNUMXで刑期を終えた。 この間にFSBは彼のロシア国籍の剥奪を達成した。 XNUMX年XNUMX月に植民地から解放され、XNUMX月にトルクメニスタンに強制送還された。

引き渡し

サイドクリエフ自身によると、FMS 職員は彼を 15 度国外追放しようとしたという。 最初の試みは15月XNUMX日だったが、飛行機が遅れ、信者は拘置所に戻された。 「次の日、スタッフが来て、『XNUMX分で準備ができます』と言われました」と信者は振り返る。 「その後、彼らは車でモスクワに連れて行かれたが、当局の命令による急行だと説明した」 

セイドクリエフは午前3時にアシガバートに到着し、そこで国境警備で約12時間拘束され、書類手続きが完了した後に解放された。

20年以上前、ルスタムさんの継父はエホバの証人だったという理由でトルクメニスタンから国外追放されました。 こうしてセイドクリエフ一家はサラトフにたどり着いた。

ルスタム・セイドクリエフは、2017年以来、宗教を理由にロシア当局によって国外追放されたXNUMX人目のエホバの証人となった。 デニス・クリステンセンフェリックス・マカムマディエフ > コンスタンチン・バジェノフ.

提言

OSCEが今月初めに開催したワルシャワ人権会議で、エホバの証人はロシアに対し次のことを勧告した。

  • エホバの証人の法人を禁止し清算した2017年XNUMX月の最高裁判所の判決を無効にする
  • 拘留されているすべての証人を釈放する
  • 新世界訳聖書(聖書)を含むエホバの証人の宗教文献を連邦過激派資料リストから削除する
  • エホバの証人が所有または使用していたすべての没収財産を返還する
  • 名誉毀損と中傷を禁止するメディア基準を施行する
  • ロシア憲法を遵守し、欧州人権裁判所の拘束力のある判決を含む国際法を尊重する
- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-