5.9 C
ブリュッセル
2009年3月2、2024
文化敬意の空間、橋渡し業者が欧州議会で宗教的少数派の対話を促進

敬意の空間、橋渡し業者が欧州議会で宗教的少数派の対話を促進

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

ベルギー、ブリュッセル – 「したがって、宗教的少数派が民主主義の枠組みの中で責任を持って透明性を持って自らの宗教を表現できる、清潔で敬意を持った場を見つけることができるこの種の議論が今日必要である」とラーセン・ハムーシュ氏は最後の演説で断言した。欧州議会への週。 ジャーナリストで平和共同生活活動家である同氏は、30月XNUMX日、精神的少数派の権利保護に関する会議の一環として講演した。

フランスのマクセット・ピルバカス議員が主催したこの作業会議は、ヨーロッパでの経験を話し合うために多様な宗教団体を招集した。 ブリュッセルに本拠を置くメディア、ブリュッセル・メディアのハムーシュ最高経営責任者(CEO)はスピーチの中で、宗教間の絆を育んだ生い立ちについて言及した。 モロッコで育った彼は、「私たちは子供の頃からユダヤ人コミュニティとともに暮らしてきました」と回想する。 しかし、18 歳でベルギーに移住した際、ハンムーシュさんは見慣れない人種差別や分裂に遭遇しました。

「イスラム過激派によるヨーロッパでのテロ攻撃」を受けて、対話がより緊急になっているとハムーシュ氏は主張した。 「したがって、今日、黒人、白人、青人、黄人、緑人、すべての人が互いに話し合う必要がある」と、完全な合意が不可能であることが判明した場合でも、彼は強調した。 彼の仕事は、メディアプラットフォーム、セミナー、多様な哲学や宗教団体が参加する「多様性のアペロ」を通じて、そのような会話を促進することに重点を置いています。

ハムーシュは、イスラム教徒のコミュニティが偏見に直面していることを認めながらも、宗教の精神的核心をイスラム主義の政治的イデオロギーから区別した。 彼の近刊予定の本では、この複雑な状況を調査しています。 「もちろん、平和のイスラム教、伝統的なイスラム教、価値観のイスラム教も存在します」と彼は書いた。 「そして、政治的プロジェクトを推進するイスラム主義も存在します。」

フランスのピルバカス議員が主催する会議のようなイベントは、多元的な交流のフォーラムを提供することで、異なる背景を持つ人々の間の透明性のある理解を可能にする、とハムーシュ氏は提案した。 同氏は欧州議会議員の努力に感謝し、宗教的少数派が欧州民主主義の不可欠な一員として自らの信念を自由に表明できる「尊重の場」の必要性を繰り返した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-