9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
機関国連エチオピアの食糧安全保障が悪化する中、国連食糧機関が配達を強化

エチオピアの食糧安全保障が悪化する中、国連食糧機関が配達を強化

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

WFPはパートナーと協力し、大規模な人道的惨事の発生を防ぐため、今年の第1四半期に飢餓の危険にさらされている何百万人ものエチオピア人に手を差し伸べるためにたゆまぬ努力を続けている」と同庁の暫定エチオピアカントリーディレクター、クリス・ニコイ氏は述べた。

「国連WFPは、エチオピア北部の食料安全保障の悪化を非常に懸念しています。 多くの人がすでに深刻な飢餓に直面している」と彼は強調した。

2023 年末以降、エチオピアでの事業に対してより堅牢な配送メカニズムを有効にし、同庁は、 の配信 重要な食料支援 干ばつ、洪水、紛争の影響で最も飢えた人々に。

食糧庁の 難民対策も重要と同庁が報じた。として スーダン紛争 2023年200,000月に始まったこの政策は引き続き難民の流れを促進しており、さらにXNUMX万人のスーダン難民がエチオピアに到着すると予想されており、追加資金が得られなければWFPの難民支援に負担がかかることになる。

高まる飢餓

国連WFPはこれまでデジタル化に取り組んできました。 最も弱い立場にある人々約6.2万人が登録された 国連WFPのニコイ氏は、アファール州、アムハラ州、ティグレ州、ソマリア州で活動していると述べた。

先週後半、同庁とエチオピア政府は次の声明を発表した。 共同上訴 緊急の資金調達のために 北部で増大する飢餓に対応する.

現在までに、被災地域全体ですでに600万人以上が食料と現金を受け取っているが、 大きなギャップが残る, 国連人道問題調整事務所 金曜日に警告した。

1.2月初旬に食糧配給を再開して以来、国連WFPはこれらの地域のXNUMX万人に配達を行っており、今後数週間でXNUMX万人に届けることを目指しており、そのうち約XNUMX万人がティグレ州に住んでいる。

しかし、 政府機関は限られた食料在庫を補充するために緊急に 142 億 XNUMX 万ドルを必要としている これにより、2024 年 XNUMX 月まで最も弱い立場にある人々に支援を届け、届け続けることができ、大規模な干ばつに対応できるようになります。

「WFPが追加資金を受け取らなければ、4月には難民への食料配布を中止しなければならないだろう」とニコイ氏は語った。

エチオピアのソマリ地方にあるボコルマヨ難民キャンプで難民食糧支援が再開され、お粥を食べる子どもたち。

何百万人もの人々に食事を提供し、回復力を構築するために提携する

エチオピア政府による食料安全保障のニーズに関する最新の評価では、次のように予測されています。 15.8 年には 2024 万人が飢餓に直面し、食料支援が必要になるその中には7.2万人以上の国内避難民と、深刻な食糧不安に陥っており緊急支援を必要としているXNUMX万人が含まれます。

全体的な目標は、資源が利用可能であれば40万人のうち7.2%に食糧援助を提供し、残りの人々には政府や他のパートナーが支援することであるとWFPは述べた。

政府機関の対応の重要な要素は次のとおりです。 人道的救援から回復力プログラムへの移行.

この目的を達成するために、国連WFPは、水の収穫、土地の灌漑、市場へのアクセス改善計画、農業のベストプラクティスや収穫後の訓練の提供など、エチオピアの生計と食料システムを強化する活動を1.4年に2024万人に届けることを目指しています。ロステクノロジー。

WFPがどのようにエチオピアを支援しているかについて詳しく知る こちら.

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-