15.7 C
ブリュッセル
6月の金曜日、14、2024
機関国連シリア:政治的行き詰まりと暴力が人道危機を煽る

シリア:政治的行き詰まりと暴力が人道危機を煽る

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

国連ニュース
国連ニュースhttps://www.un.org
国連ニュース-国連のニュースサービスによって作成されたストーリー。

国連での大使への説明 安全保障理事会, ゲイル・ペダーセン氏は、空爆、ロケット弾攻撃、武装勢力間の衝突など、最近の暴力行為の急増は、政治的解決の緊急の必要性を浮き彫りにしていると述べた。

さらに、一部の地域では対処されていない不満を理由に抗議活動が続いており、国内に6つの外国軍が駐留しているため、さらなる分裂と不安定化の懸念が高まっている。

"がある これらの無数の課題を解決するための軍事ルートはない 包括的な政治的解決策だけがそれを可能にします」とペダーセン氏は語った。

政府関係者だけでなく、ロシア、イラン、トルコ、中国、アラブ、アメリカ、ヨーロッパの政府関係者とも協議した結果、彼のメッセージは明確であると特使は付け加えた。

ブロックされ眠っている政治的路線を解き放つ必要がある。 

安全保障理事会で説明するゲイル・ペダーセン特使。

人道危機

政治的行き詰まりの影響は交渉の場をはるかに超えて響き、すでに国を襲っている悲惨な人道危機をさらに悪化させている。

16.7万人以上が人道支援を必要としているそのうち700万人が依然として家を追われており、人口の半数以上が食料支援を必要としています。

「シリアでは現在、危機のどの時点よりも多くの人が人道支援を必要としています。それなのに 私たちの人道的訴えに対する資金は過去最低にまで減少しました」と国連緊急援助調整官ジョイス・ムスヤ副調整官が大使らに伝えた。

資源不足は壊滅的であると彼女は付け加え、世界食糧計画(WFP)は、緊急食糧援助プログラムを月あたり300万人から100万人に削減することを余儀なくされました。

私たちにできることをやる

ムスヤ氏は、国連の人道支援活動家たちがギャップを埋めるためにできる限りのことを行っていると指摘し、国連の中央緊急対応基金を通じてシリアに20万ドルが割り当てられたことを思い出した(サーフ).

「でも、遠くて、 このような膨大なレベルのニーズを満たすには、さらに多くのものが必要です そして、重要なサポートのさらなる痛みを伴う切断を回避します。資源の不足は、利用可能なすべてのルートを通じて援助を届けることの重要性を強調するだけだ」と彼女は述べ、トゥルキエからシリア北部への国境を越えた援助の届けの重要性を強調した。

「これにより、私たちは人命を救う救援を届け、必要不可欠な保護、保健、教育サービスを提供し、イドリブとアレッポ北部への定期的な評価と監視ミッションを実施することが可能になります」と彼女は付け加えた。

民間人を保護する

国連人道支援高官は、危機13年目を記念した事務総長の声明を思い出し、国際人道法を尊重し民間人を保護する必要性を強調した。

同氏は、あらゆる手段を通じた持続的かつ妨げられない人道的アクセスの必要性と、重要な援助プログラムを維持するために必要な資金の必要性を強調した。

「来年、シリア国民が不可能な選択を減らし、平和なラマダンを迎えることを願い、紛争終結に向けた政治的解決への新たな真の決意を改めて呼びかけます。」

安全保障理事会で説明するジョイス・ムスヤ事務次長補。

ソースリンク

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-