14.2 C
ブリュッセル
2009年5 29、2024
ヨーロッパ土壌の健康: 議会は2050年までに健康な土壌を実現するための対策を策定

土壌の健康: 議会は2050年までに健康な土壌を実現するための対策を策定

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

議会は水曜日、 欧州委員会の提案 土壌モニタリング法は、土壌の健康に関するEU初の専用法案であり、賛成336、反対242、棄権33であった。

MEP は、 EUのゼロ公害への野心 そして、土壌の健全性の調和された定義と、持続可能な土壌管理を促進し、汚染された場所を修復するための包括的で首尾一貫したモニタリングの枠組みの必要性です。

新しい法律では義務付けられます EU 各国はまず自国の領土内のすべての土壌の健全性を監視し、次に評価する必要があります。国家当局は、国家レベルで各土壌タイプの土壌特性を最もよく示す土壌記述子を適用する場合があります。

MEP は、土壌の健全性を評価するための 5 段階の分類 (高度、良好、中等度の生態状態、劣化した土壌、および深刻に劣化した土壌) を提案しています。生態学的状態が良好または高い土壌は、健康であると考えられます。

汚染土壌

欧州委員会によると、EU内には汚染の可能性のある場所が推定2.8万カ所あるという。 MEP は、この指令の発効後遅くとも XNUMX 年以内に、すべての EU 加盟国でそのようなサイトの公開リストを作成するという要件を支持します。

EU諸国はまた、土壌汚染による人間の健康と環境に対する容認できないリスクに対処するために、汚染現場を調査、評価し、浄化する必要がある。費用は「汚染者負担」原則に従って汚染者が支払わなければなりません。

見積もり

投票後、報告者 マルティン・ホイシック (SK、リニュー)は次のように述べた。「土壌を劣化から守るための欧州共通の枠組みの達成にようやく近づいています。健康な土壌がなければ、この地球上に生命は存在しません。農家の生計と私たちの食卓に並ぶ食べ物は、この再生不可能な資源に依存しています。だからこそ、土壌の健康状態を監視し改善するためのEU全体の法律の最初の部分を採択することが私たちの責任です。」

次のステップ

議会は現在、第一読会での立場を採択している。このファイルは、6月9~XNUMX日の欧州選挙後に新議会によってフォローアップされる予定だ。

経歴

ヨーロッパの土壌の約60~70%は、都市の拡大、土地リサイクル率の低さ、農業の強化、気候変動などの問題により、不健康な状態にあると推定されている。劣化した土壌は気候と生物多様性の危機を引き起こす主要な要因であり、主要な生態系サービスの提供を減少させ、EU に年間少なくとも 50 億ユーロのコストをもたらしています。 委員会によると.

この法律は、生物多様性、景観、海洋を保護および回復し、汚染を除去するという国民の期待に応えるものであり、これは法案の提案 2(1)、2(3)、2(5) に示されています。 ヨーロッパの未来に関する会議の結論.

ソース欧州議会
- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-