15.5 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
健康妊娠中の大麻使用は精神的健康問題のリスク増加と関連しています...

妊娠中の大麻使用は子供の精神的健康問題のリスク増加と関連している

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

2024年の欧州精神医学会総会で発表された新しい研究は、出生前大麻使用障害(CUD)と特定の精神的健康問題のリスク増加との間に有意な関連性があることを明らかにした。

大麻は依然としてヨーロッパで最も多く消費されている違法薬物です。欧州連合の成人(1.3万人)の約3.7%が毎日ま​​たはほぼ毎日大麻を使用していると推定されています。一般に大麻使用に関しては男性の有病率が高いが、最新の統計によると、特に若年層では女性の薬物使用が男性に追いつきつつある。

EUの若い女性、特に妊娠中および授乳中の女性の間で観察される大麻使用の増加について懸念が高まっています。この懸念は、体内に精神活性物質が含まれていることが判明した最近の研究によってさらに増幅されています。 大麻 (THC) の濃度は現在、2 ~ 15 年前と比べて約 20 倍高いため、妊娠中の使用により若い女性とその子孫に悪影響を及ぼすリスクが増加しています。

オーストラリアのカーティン大学の研究者らによって実施されたこの大規模研究は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州に住む222,000万10組以上の母子ペアのデータを分析した。研究チームは、健康登録からのリンクされたデータを活用する革新的なアプローチを利用し、ICD-XNUMX-AM分類システムに基づく診断ツールを使用して、精神的健康問題の曝露(出生前CUD)と特定された症状の両方を確実に確認しました。

この研究では、出生前CUDを持つ母親から生まれた子供は、ADHDの診断に関連する症状やその他の精神的健康問題のリスクが、そのような曝露を受けていない子供と比較して2倍であることが判明した。出生前CUDと母親の喫煙との間には、有意な相互作用効果も見出された。さらに、この研究では、出生前CUDと、低出生体重や早産などの他の妊娠合併症との間に相乗効果があり、同様の精神的健康問題を発症する可能性があることも発見しました。

これらの発見は、妊娠中の大麻使用の長期的な影響の可能性を浮き彫りにし、予防戦略の重要性を強調しています。

カーティン人口保健大学院の校長であり、この研究の主著者であるローザ・アラティ教授は、「これらの発見は、妊娠を計画している女性の間で、妊娠中の大麻使用に関連するリスクについての認識を高める必要性を浮き彫りにしている」と述べた。

「この研究は、確定診断とリンクされたデータを利用し、出生前の大麻使用に関連する潜在的なリスクのより確実な全体像を提供するという点でユニークです。この結果は、妊娠中の大麻使用の潜在的なリスクについての意識を高め、女性が自分の健康と子供の福祉について十分な情報に基づいた決定を下せるよう支援するための公衆衛生教育キャンペーンと臨床介入の必要性を強調しています」とジュリアン・ビーズホールド博士は説明する欧州精神医学会の事務総長。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-