14.9 C
ブリュッセル
土曜日、5月25、2024
ヨーロッパ物議を醸す: 宗教的シンボルを禁止するフランスの取り組みが多様性を危うくする...

論争に取り上げられる:宗教的シンボルを禁止するフランスの提案は、2024年パリオリンピックで多様性を危うくする

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ニュースデスク
ニュースデスクhttps://europeantimes.news
The European Times ニュースは、地理的なヨーロッパ全土の市民の意識を高めるために重要なニュースをカバーすることを目的としています。

2024年のパリオリンピックが近づく中、フランスでは宗教的象徴をめぐる激しい議論が巻き起こり、国の厳格な世俗主義とアスリートの信教の自由が対立している。セビリア大学のラファエル・バレンシア教授による最近の報告書は、フランスの宗教表現に対する取り締まりがオリンピックの二層構造につながる可能性があり、フランスの選手たちは国際選手よりも厳しい制限に直面する可能性があると警告している。

この問題は昨年、フランス上院がフランスを代表する選手による「表向きの宗教的シンボル」の着用を禁止する決議を可決し(明らかにオリンピックのためではないとしても)、イスラム教徒の女性がヒジャブやヒジャブを着用することを禁止する法案を可決したことで表面化した。ターバンをかぶったシーク教の男性。この法律はまだ最終決定されていないが、フランス政府は自らの立場を明確にし、アメリー・ウデア=カステラスポーツ大臣は、オリンピック期間中、フランス選手団の選手は「宗教的意見や信念を表明できない」と宣言した。バレンシア教授は、この姿勢はオリンピック運動の基本原則に反すると主張する。彼は次のように書いています。宗教的象徴主義に対する(フランスの)政治的声の確固たる意図は、現代オリンピズムの基礎に疑問を投げかける」 - 敬意、人間の尊厳、人権への取り組みなどの価値観。バレンシアは、フランスの制限措置が実施されれば、「次のような前例のない状況が生じるだろう」と警告している。私たちは、フランス人以外のアスリートにとってより幅広い、二段階の宗教の自由を高く評価できるオリンピックを目の当たりにすることになるだろうが、こうした特徴を持つ競技において前代未聞の前例に対する比較不満を引き起こすことになるだろう。に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

バレンシアはフランスの行動を批判し、同国は「世俗主義の限界を超え、世俗主義の領域を飛び越えて、公共の場から宗教を根絶しようとする新たな試み(近年フランスで登録された他の多くの試みと同様)」これはマリア・ホセ・バレロの言葉を引用して、「それは意図された国家の中立性の歪みにつながり、世俗主義の原則の制限的な解釈につながり、最終的には信教の自由などの権利の制限につながるだろう。」 オリンピック運動は近年、宗教的表現の受け入れにおいて大きな進歩を遂げており、国際バスケットボール連盟とFIFAはいずれも宗教的な帽子の着用を認める規則を緩和している。

しかし、厳格な世俗主義を強制したいというフランスの意向は、この進歩をひっくり返す恐れがあり、イスラム教徒、シーク教徒、その他の宗教を信仰する選手がパリ大会の代表選手から除外される可能性がある。

世界がフランスの首都に集結する準備を整える中、 宗教的象徴をめぐる議論 大きく迫ってくる。フランスが方針を変えなければ、2024年のオリンピックは競技場の中での勝利よりも競技場外での戦いが記憶に残ることになるかもしれない。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-