8.9 C
ブリュッセル
12月(日曜日)10、2023
人権「パリ・サンジェルマン」コーチ親子逮捕

「パリ・サンジェルマン」コーチ親子逮捕

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュースレター

彼らは差別で告発されている

「パリ・サンジェルマン」のコーチ、クリストフ・ガルティエと息子のジョン・ヴァロヴィクがフランス警察に拘束された。

逮捕の理由は、同監督が2021年から2022年にかけて「ニース」の監督に在任中に差別を受けたとの告発だ。 それは、ガルティエ氏がクラブの上司に対し、イスラム教を信仰する黒人サッカー選手の売却か釈放を求めた疑惑に関するものだ。 その後、指導者は殺害の脅迫を受けるようになり、彼の家族は警察の保護下に置かれなければならなくなりました。

2人は昨日朝、「人種的または宗教的理由による差別」の疑いで証言した。 ガルティエ被告(56歳)は人種差別的発言の疑いが確認されれば、最大3年の懲役刑に処される可能性がある。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-