14.8 C
ブリュッセル
Friday, May 24, 2024
宗教キリスト教教皇は交渉による平和を改めて呼びかけた

教皇は交渉による平和を改めて呼びかけた

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ガストン・ド・ペルシニー
ガストン・ド・ペルシニー
Gaston de Persigny - レポーター The European Times ニュース

戦争は常に敗北につながることを決して忘れてはいけないと教皇は述べた

ロイター通信によると、サン・ピエトロ広場で毎週開かれている一般謁見で、教皇フランシスコは改めて交渉による和平を呼びかけ、ウクライナとガザでの血なまぐさい紛争を非難した。同庁は、教皇が健康上の問題を理由に再び公の場への出席を短縮したと指摘している。

「戦争は常に敗北につながるということを私たちは決して忘れてはなりません。私たちは戦争の中で生き続けることはできません。私たちは戦争を終わらせるためにあらゆる努力をして調停し、交渉しなければなりません。そのために祈りましょう」と教皇は準備書面で述べた。聴衆の最後に声明を出し、その中で彼は「殉教した」ウクライナとイスラエル・パレスチナ紛争について言及した。

ロイター通信によると、運動障害があり、ここ数週間は風邪や気管支炎の発作に悩まされている87歳のフランシスさんは、やはり聴衆のために用意されたスピーチのほとんどを読んでいなかったという。彼はこの任務を助手に委任し、依然として公の場での発言を制限することを余儀なくされていると信者に語った。

今月初め、フランシスコ大統領はスイス国営テレビのインタビューで、ウクライナは「白旗を振る勇気を持って」ロシアとの交渉を開始すべきだと発言し、物議を醸した。

ロイター通信によると、彼の副枢機卿ピエトロ・パロリン枢機卿は後に、ロシアはまず侵略を止めなければならないと述べたと記憶している。

説明写真: カインとアベル

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-