6.1 C
ブリュッセル
2月(土曜日)24、2024
アジアイランにおけるバハーイー教女性に対する容赦ない迫害

イランにおけるバハーイー教女性に対する容赦ない迫害

世界的な連帯と行動の呼びかけ

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

世界的な連帯と行動の呼びかけ

バハイの女性 / イランのバハイ教徒コミュニティにおける女性に対する迫害は急速に増大している。 この記事では、バハイ教徒のコミュニティに課せられた逮捕、投獄、人権侵害の発生について調査します。 この作品は、この疎外されたグループが示す強さと一体感に光を当てます。

この年、イラン政府はバハイ教徒コミュニティを弾圧する取り組みを大幅にエスカレートさせた。 数十人のバハイ教徒が不当に逮捕され、裁判にかけられ、懲役刑を開始するために召喚され、あるいは高等教育へのアクセスや生計を立てることを禁止されている。 バハイ国際コミュニティーの報告によると、180週間拘束され尋問された90歳の男性ジャマロッディン・ハンジャニ氏を含む、XNUMX人ものバハーイ教徒が標的となった。

このような逆境に直面しても、 バハイ教コミュニティ これに対抗して、#OurStoryIsOne という強力なキャンペーンを展開し、平等と自由を求める共通の闘いを強調しました。 このキャンペーンは彼らの回復力と団結の証しであり、バハーイー教徒の間に分裂の種を蒔こうとするイラン政府の試みが無駄であったことを示している。

ジュネーブのバハイ国際共同体の国連代表、シミン・ファハンデジ氏がイラン政府の行動を批判した。 彼女は、「イラン国内でバハイ教徒の女性に対する迫害を強化することで、イラン政府は、すべてのイラン人が平等と自由を求める同じ闘いに直面していることをさらに示している」と述べた。

また, #OurStoryIsOneキャンペーン 容赦ない抑圧の中での希望の光です。 これは、バハイ教徒のコミュニティの団結と、信仰、背景、性別に関係なく、誰もが暮らし、繁栄できる新しいイランを建設するという共通のビジョンを強調しています。

かかわらず、 イラン政府による迫害、バハイ共同体は計り知れない決意を示しています。 抑圧に直面したときの彼らの回復力は、彼らの無実と平等と自由への揺るぎない取り組みの強力な証拠です。

国際社会は人権侵害に直面したときに黙っているわけにはいきません。 政府の行動に対する責任を追及し、バハイ教徒のコミュニティと団結することが不可欠である。

イランのバハイ教徒コミュニティの物語は、回復力、団結、そして平等と自由の揺るぎない追求を体現しています。 これは、人権を求める闘いが、団結がかつてないほど重要になっているということを強調しすぎるものではないことを思い出させてくれます。

BIC から提供される追加情報 最近の迫害事件36件 イランのバハーイー教の

  • イスファハーンで情報省の職員によって逮捕された10人の女性は、ネダ・バダクシュ、アレゾウ・ソバニアン、イェガネ・ロウバフシュ、モジガン・シャフレザイ、パラストウ・ハキム、イェガネ・アガヒ、バハレ・ロトフィ、シャナ・ショギファル、ネギン・カデミ、ネダ・エマディで、彼らを警察署に連行した。未知の場所。
  • ショコウフェ・バシリさん、アフマド・ナイミさん、イマン・ラシディさんも逮捕され、ヤズド情報部の拘置所に留まったままである。
  • マシュハド在住のナシム・サベティ女史、アジタ・フォロギ女史、ロヤ・ガーネ・エザバディ女史、ソヘイラ・アフマディ女史は、それぞれこの市の革命裁判所により懲役XNUMX年XNUMXか月の判決を受けた。
  • マシュハド在住のノウシン・メスバさんには懲役XNUMX年XNUMXか月の判決が下された。
  • スーサン・バダヴァム夫人に対する懲役XNUMX年XNUMX月XNUMX日と社会的剥奪の判決がギーラーン州の控訴裁判所で確定した。
  • ハサン・サレヒ氏、ヴァヒド・ダナ氏、サイード・アベディ氏はそれぞれ、シラーズ革命裁判所第一支部により、電子システムの監視下で懲役XNUMX年XNUMX月XNUMX日、罰金および社会的排除の判決を受けた。
  • アルサラン・ヤズダニ氏、サイデ・コズエイ氏、イラジ・シャクール氏、ペドラム・アブハル氏はそれぞれ懲役6年、サミラ・エブラヒミ氏とサバ・セフィディ氏はそれぞれ懲役4年5か月の判決を受けた。
- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-