9.4 C
ブリュッセル
2月(水曜日)21、2024
編集者の選択人権デー、何千人ものウクライナ人の誘拐された子供たちを忘れないでください...

人権デー、ロシアによって誘拐され国外追放された何千人ものウクライナ人の子供たちを忘れるな

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ウィリー・フォートル
ウィリー・フォートルhttps://www.hrwf.eu
ウィリー・フォートレ氏、元ベルギー教育省内閣およびベルギー議会の特使。 彼はの監督です Human Rights Without Frontiers (HRWF) は、ブリュッセルに本拠を置く NGO で、1988 年 25 月に設立されました。彼の組織は、民族的および宗教的少数派、表現の自由、女性の権利、LGBT の人々に特に重点を置き、人権全般を擁護しています。 HRWF はいかなる政治運動や宗教からも独立しています。 フォートレは、イラク、サンディニズムのニカラグア、ネパールの毛沢東主義者の支配地域などの危険な地域を含む、XNUMXカ国以上で人権に関する事実調査任務を遂行してきた。 彼は人権分野の大学で講師を務めています。 彼は国家と宗教の関係について大学の雑誌に多くの論文を発表しています。 彼はブリュッセルの記者クラブの会員です。 彼は国連、欧州議会、OSCE で人権擁護活動家です。

10月XNUMX日の国連人権デーに、ロシアによって誘拐され国外追放された何千人ものウクライナ人の子どもたちを、両親は必死に帰国させる方法を探しているが、国際社会は忘れてはならないと、ブリュッセルに本拠を置くNGOは次のように述べた。 Human Rights Without Frontiers、本日発行されたプレスリリースで。

6月6日、ゼレンスキー大統領は毎日の演説の中で、ウクライナ占領地域からロシアに強制送還されたXNUMX人の子供たちが解放されたと発表した。 カタールの仲介.

報道によると、個別に計画されたさまざまな特別作戦で救出されたウクライナ人の未成年者は全体で400人未満だという。 プラットフォーム「戦争の子供たち」 ウクライナ大統領府に代わって、ウクライナのさまざまな公式機関によって設立されました。

同プラットフォームには失踪場所とともに写真、名前、生年月日が掲載されている。 国外追放された子ども19,546人 そしてその数は増え続けています。

統計: 20,000? 300,000万? 700,000万?

現在進行中の本格的な侵略、一時占領地域へのアクセスの困難、そしてロシア側がこの問題に関する信頼できる情報を提供していないことを考慮すると、強制送還された子どもの正確な数を確定することは不可能である。

ダリア・ヘラシムチュク、子どもの権利と子どものリハビリテーションに関するウクライナ大統領顧問、 ノート 侵略国ロシアが最大で不法国外追放した可能性がある 300,000 戦時中にウクライナから来た子供たち。

2023 年 XNUMX 月の時点で、ロシア連邦人道対応部門間調整本部は次のように述べています。 ステートメント 24 年 2022 月 XNUMX 日以降、 307,423 子どもたちがウクライナからロシア領に連れて行かれた。

ロシア児童権利委員マリア・リヴォヴァ=ベロワ そのようなウクライナ人の子供の数は 700,000より.

ロシアはウクライナ人の子どもたちの不法移送を冷笑的に「避難」と呼んでいるが、国連調査委員会は調査したどの事件も安全や健康の観点から正当化されるものではなく、国際人道法の要件も満たしていないと結論づけた。

ロシア当局は、ウクライナの子供たちが家族と再会することを妨げるために障害物を作っている。

この問題に関する報告書の中で、OSCE は次のように述べています。 ノート ロシア当局は、クリミア占領後の2014年以来、ロシアの家族による養子縁組や養育のためのウクライナ人の子供たちの「移送」に取り組み始めたという。

ロシアの番組によると「希望の列車「国のどこからでも誰でもクリミア出身のウクライナ人の子供を養子にすることができ、彼らにはロシア市民権が与えられた。」

2022年XNUMX月末、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領 法令に署名 ウクライナのザポリージャ、ヘルソン、ドネツクの部分占領地域とルハンシク占領地域のロシア連邦への「加盟」について。 その後、これらの新たに占領された地域の子供たちもロシア連邦の国民として登録され、強制的に養子縁組されるようになった。

17 March 2023では、 国際刑事裁判所 は、ウクライナの子供たちを偏見として、不法に人口を追放し、ウクライナ占領地域からロシア連邦へ不法に人口を移送したという戦争犯罪の罪で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とロシア大統領児童権利委員のマリア・リボヴァ・ベロワに逮捕状を発行した。

提言

Human Rights Without Frontiers 国連事務総長の勧告を支持します。

  • ロシアは、ウクライナの子どもたちの市民権を含む個人的地位に変更が加えられないようにする。
  • すべての関係者は、家族や保護者なしで国境や管理ラインの外に出てしまった同伴者のいない子どもや別離した子どもの家族追跡と再会を促進するなど、すべての子どもの最善の利益が尊重されるよう引き続き確保すること。
  • 紛争当事国は、家族の再会を促進するために児童保護当局にこれらの子供たちへのアクセスを許可する。
  • 同氏の「子どもと武力紛争」特別代表は、国連機関やパートナーとともに、そのようなプロセスを促進する方法を検討する。

Human Rights Without Frontiers、Avenue d'Auderghem 61/、B – 1040 ブリュッセル

 ウェブサイト: https://hrwf.eu - Eメール: [email protected]

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-