15.8 C
ブリュッセル
6月(月曜日)24、2024
文化Le pavillon bulgare à la 60e Biennale de Venise : 恐怖のサブタイル、...

Le pavillon bulgare à la 60e Biennale de Venise : 恐怖の繊細さ、ノスタルジーと緊張感

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

ビセルカ・グラマティコワ

20月60日、ヴェネチア・ビエンナーレのブルガリア・パビリオンの正式オープンが行われた。 「記憶こそが私たちの安全を守ってくれるのです」とブルガリアの文化大臣代理は開会中に述べた。 「どこにでもいる外国人」をテーマにしたビエンナーレでは、ブルガリアがアートインスタレーション「Neighbors」に参加し、外国メディアによれば、この作品は第XNUMX回ビエンナーレの必見作品となっている。

「Neighbors」プロジェクトは、クラシミラ・ブツェヴァ、ジュリアン・シェヒリヤン、リリア・トプゾワの作品による、マルチメディアでインタラクティブなインスタレーションです。この作品は、著者らによる 20 年間にわたる研究と芸術活動の成果です。キュレーターはワシル・ウラジミロフ氏。ブルガリア パビリオンは、ブルガリアの社会主義の過去の隠された、親密で、やや厳粛な側面を再現しています。このインスタレーションは XNUMX つの部屋を再現しており、共産主義当局によって弾圧されているブルガリア人の住居を再現しています。

最初の部屋では、訪問者はブリーンとロヴェチのキャンプからの音と写真に遭遇します。アーカイブ資料は、これらの収容所の元囚人の本物の証言です。 2 番目の部屋は、非言語コミュニケーションで話すことを学び、実際のコミュニケーションが抽象的なものである人々に捧げられています。 3番目の白い部屋には、意識の「白い斑点」の空間があります。これは、記憶や生命を奪われ、沈黙したものの記憶です。このインスタレーションが鑑賞者に残す全体的な感覚は、微妙な恐怖、懐かしさ、そして緊張感です。

学芸員のワシル・ウラジミロフ氏は、ニューデリーを拠点とする出版物「スター・ワールド」に対し、これは社会に認められていない一部の部外者たちの物語であり、彼らの報復疑惑や自分たちが経験した苦しみの正当性が立証されることへの期待は依然として聞き入れられていないと語った。

ヴェネツィア・ビエンナーレは 24 月 XNUMX 日まで見ることができます。すでに金獅子賞が授与され、オーストラリアとニュージーランドのパビリオンが表彰されました。

クラシミラ・ブツェワ ロンドン芸術大学で教鞭をとっている。創作活動や研究活動では、政治的暴力、トラウマ的な記憶、東ヨーロッパの公式および非公式の歴史などのテーマを扱っています。写真家兼アーティストとして、彼女は国際的なグループ展に参加してきました。

リリア・トプゾワ トロント大学の歴史学の教授です。政治的暴力の傷跡と、トラウマに対する防御反応としての沈黙を作品の中で探求する歴史家であり映画監督。彼はドキュメンタリー『The Mosquito 問題とその他の物語』(2007 年)と『Saturnia』(2012 年)の脚本家兼共同監督を務めています。

ジュリアン・シェヒリヤン ソフィアとニューヨークに住むマルチメディア アーティスト、研究者、ライターです。シェヒリヤンは、芸術的介入、ビデオ、サウンド、実験的なテクノロジーを通じて、建築空間、オブジェクト、オブジェクトを使用したサイトスペシフィックな空間マルチメディアインスタレーションを作成します。科学的実践において、彼は心理療法の歴史、戦後芸術、国境を越えた歴史を扱っています。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-