14.7 C
ブリュッセル
火曜日、5月28、2024
宗教キリスト教「世界が知ることができるように。」グローバル・クリスチャン・フォーラムからの招待状。

「世界が知ることができるように。」グローバル・クリスチャン・フォーラムからの招待状。

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

マーティン・ヘガー

ガーナ、アクラ、19年2024月17日。第21回グローバル・クリスチャン・フォーラム(GCF)の中心テーマは、ヨハネの福音書「世界が知るため」(ヨハネXNUMX:XNUMX)から取られている。集会は、イエスが弟子たちを世に送り出すことによって弟子たちの一致を祈ったこの偉大な聖句を、さまざまな方法で深く掘り下げました。

このフォーラムには素晴らしいロジックがありました。初日、私たちはキリストだけが私たちを結び付けていることを確認しました。 2番目は、何百万もの奴隷が通過したケープコースト要塞を訪問し、私たちは神の御心に不忠実であることを告白しました。 3日目、私たちは送られる前に赦されて癒される必要があることに気づきました。 4日目は発信がテーマです。

愛はエキュメニズムの接着剤です

ヨハネ 17 章が主要なテキストとして選ばれたのは偶然ではありません。実際、「聖書が聖所なら、ヨハネ 17 章は『至聖所の中の聖所』です。肉体となった父と御子との間の親密な対話の啓示です」と述べています。 ガヌーン・ディオプ セネガルのアドベンチスト教会の教会。それは大きな神秘です。イエスは私たちが新しい命に生まれ変わるように私たちを愛してくださいました。 GCF は神が愛をもたらすために使用するツールです。そして愛はエキュメニズムの強固なものです!

キャサリン・シルク・ルーカス、パリ・カトリック大学教授、エキュメニカル運動は愛の運動である、なぜならイエスは神の愛が世界中に広がるように祈ったからである(ヨハネ3.16)。 「世界に知らせること」:この約束は、何よりもまず、暴力や虐待の被害者にとって重要なものです。 「私たちは彼らの声に耳を傾け、彼らを見て、謙虚に自分たちの間違いを悔い改めながらサポートしなければなりません。」

ガーナ人 ガートルード・フェフォーム 世界教会協議会の障害者ネットワークに参加しています。彼女自身も盲目であり、彼らを社会に迎え入れるにはまだ多くの障壁があると証言しています。「キリストによって与えられる許しと癒しは解放です。それはあらゆる差別から解放され、障害のある人々も含まれます。」

コプト正教大司教の場合 アンガエロス イエスの一致への呼びかけは、忍耐と優しさを必要とする挑戦です。 「私たちはキリストを頭として一つの体として機能しなければなりません。これは、決定においてこの体の他の部分を考慮することを意味します。」ヨハネ17章にあるイエスの祈りは、神の御子が私たちが豊かな命を得るために来られたという真理を生きるよう求めています。私たちは神の和解の奉仕者であり、世界が私たちではなく神を見るようにします。

フォーラムの効果的な方法論

何が喜ばれるのか ビクター・リーマレーシア出身のペンテコステ派の彼は、フォーラムで信仰の道を共有する方法論です。これにより、ペンテコステ派は聖霊の力を通じて他の教会と協力してイエスを知らせることができます。

神学者 リチャード・ハウエル インド出身の彼は、これらの共有が彼の人生を変えたと認識しています。 「私が12歳のときに母が奇跡的に癒された後、私はペンテコステ派になりました。ペンテコステ派だけが救われると思っていました。他の教会のクリスチャンがフォーラムで信仰を分かち合っているのを聞いて、私は神に自分の無知を許してくれるよう祈りました。私は兄弟姉妹であること、そして 2000 年にわたるキリスト教の伝統を失っていることに気づきました。それは新たな転換でした。」

同様に、アフリカの独立教会の指導者も、信仰の物語を聞くことの豊かさを発見しました。 「私たちはキリストに対して同じ信仰を持っていることに気づきました。もし私たちがお互いの意見に耳を傾けるようになれば、私たちはお互いを愛し、別れを乗り越えることができるでしょう。」

フォーラムの方法論では、プレゼンテーションと、テーブルを囲んで 6 人から 8 人での対話の時間を組み合わせることもできます。この「編み方」は、個人レベルで自分をよく知るために非常に効果的です。そこで私たちは、次の 3 つの質問について共有するよう招待されました。どのようにしてキリストを知りましたか?どうやってキリストを知らせますか? » そして、ミーティングの最後に、次の質問が行われました。「この数日間で受けたインスピレーションと、それを自分の家に伝えたいと思うものは何ですか?」

エマオへの道

エマオに向かって歩いていく二人の弟子の物語は、世界キリスト教フォーラムが探しているものの中心です。大司教向け フラヴィオ・パーチェ、キリスト教の一致を促進するための外交官の書記であり、キリストに加わって前進する教会を象徴しています。中心に置かれなければならないのは彼であり、私たちが聖書を開かなければならないのは彼です。カトリック教会の最近の会議を振り返り、エキュメニカルな側面がなければ真の会議はあり得ないと彼は断言する。バチカンでの「共に」の徹夜祈祷は、この方向への強いしるしを与えた。

参加者たちは二度、まだ知らない人物と知り合うための「エマウス・ウェイ」に招待されました。私の場合は一緒に歩きました シャラズ・アラム、パキスタン長老派教会の若い牧師、書記長、カンファレンスセンターに隣接する公園で、そして大きな木の陰で新鮮な飲み物を囲みました。私たちはエマオの物語の意味を共有しました。彼はまた、教区の300人の若者との福音宣教活動や、イスラム教が自国の教会にもたらす課題に関する博士課程プロジェクトについても話してくれました。

エマオの物語は、私たちの中にキリストの臨在を経験することの重要性を強調するフォコラーレの霊性の中心でもあります。それはによって提示されます エンノ・ディジェマ、この偉大なカトリック運動の統一センターの共同ディレクターであり、他の教会の会員にも開かれています。実際、その目標はヨハネ 17 章の「イエスの証し」の実現に貢献することです。福音はその基礎、特にキリストによって与えられた相互愛の新しい戒めです。

最後に、2033 年の地平線は、イエスの復活の 2000 年の聖年に向かうエマオへの道のようなものです。スイス人 オリヴィエ・フルーリーJC2033イニシアチブの会長である彼は、この聖年が象徴する一致における証しの素晴らしい機会について情熱を持って語ります...イエス・キリストが復活されたことを「世界が知ることができるように」!

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-