13.2 C
ブリュッセル
日曜日、月19、2024
アフリカ世界キリスト教フォーラム: アクラで展示される世界のキリスト教の多様性

世界キリスト教フォーラム: アクラで展示される世界のキリスト教の多様性

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

マーティン・ヘガー

アクラ ガーナ、16歳th April 2024。活気に満ちたこのアフリカの都市では、グローバル クリスチャン フォーラム (GCF) に 50 か国以上のすべての教会家族からのクリスチャンが集まります。ガーナ出身の書記長 ケイスリー・エサムア GCFは、聖霊がさまざまな教会に与えてくださった賜物を知り、受け取る機会をクリスチャンに与えたいと考えていると説明しています。 「信仰の深い出会いの場です。こうして私たちはキリストの豊かさを発見することを学びます」と彼は言います。

世界はクリスチャンが団結することを必要としている

フォーラムは、超宗派の大きな教会であるリッジ教会の礼拝スペースで始まります。聖歌隊がさまざまな伝統の歌を歌って会衆をリードします。説教を提供するのは、 リディア・ネシャンウェ、ジンバブエ長老教会の若手牧師、司会者。彼女の教会経験はそれ自体を物語っています。「私は独立した教会に生まれました。私は、私の信仰に良い基盤を与えてくれたペンテコステ派と、学校で私を教育してくれたカトリック教会に感謝しています。それから私は長老派教会の神学訓練を受けました。でも私の一番好きな教会はメソジスト教会で、私に夫を与えてくれたのです!」

私たちの多様性を補完性として考慮する必要性を示すために、彼女はポールとバルナバの例を挙げています。彼女はそれらの間に13.1の違いを発見しました。彼らの間で分裂の可能性は非常に高かったが、彼らは一緒に送られた。使徒言行録に示されているように、彼らはこれほど異なっているのに、聖霊はなぜ彼らを結びつけたのでしょうか。 (2-XNUMX)

私たちの教会にも同じことが当てはまります。それらは非常に異なっていますが、聖霊は私たちを一つにまとめ、世界がキリストが誰であるかを知ることができるように私たちを送り出します。 「キリストを宣べ伝えるという使命において私たちが団結するなら、私たちの多様性は呪いではなく祝福になります。これが世界が必要としているものです」と彼女は言います。

世界のキリスト教の並外れた多様性を説明するために、アメリカの神学者 ジーナ・A・ズルロ 南に移動したことを示しています。 2.6年前とは異なり、そこにはカトリック、プロテスタント、独立派、福音派、ペンテコステ派を問わず、XNUMX億人のキリスト教徒がいます。一方、東ヨーロッパ諸国では​​正教会が多数派です。 https://www.gordonconwell.edu/center-for-global-christianity/publications

私たちの信仰の旅を分かち合いましょう

フォーラムのアプローチの中心は、最大 10 人の小グループで「信仰の旅」を共有することです。唯一すべきことは、聖霊がキリストとの他の人の旅を通して私たちに伝えようとしていることに耳を傾けることです。 7分で! ローズマリー・バーナード世界メソジスト評議会の事務局長は次のように説明しています。聖霊に私たちの言葉を導いてもらい、他の人の話に注意深く耳を傾けてください。 »

ジェリー・ピレイ 世界教会評議会の事務総長は、私たちの個人的な信仰の物語を共有するこのことを「非常に美しいタペストリー」と見なしています。それは、キリストへの情熱で心が燃える「エマオへの道」のようなものです。 「羊飼いの声を共に聞き、識別し、共に行動することで、神の変革の力に対する確信が新たになります。危機にある世界には、団結して立ち上がるクリスチャンが必要です。」

この練習をするのは今回で5回目です。その成果は毎回大きな喜びであり、出会いの雰囲気を決定づけます。この分かち合いは霊的な友情を呼び起こし、それによって私たちは共通の信仰の核心を証しすることができます。

使命のための人間関係

ビリー・ウィルソン世界ペンテコステフェローシップの会長は、最も急速に成長している教会家族であるペンテコステ派がGCFのテーブルの周りで歓迎されていることを感謝していると述べた。こうして彼らは他の教会についてよりよく知ることができるようになります。彼は、イエスが一致を祈ったヨハネ福音書 17 章 17 章について深く考えました。彼によれば、この統一性は何よりも関係的なものです。そしてそれは、「世界が知り、信じることができるように」という使命において実現されます。最後に、それは三位一体の人々の間の関係のように、霊的なものです。

「私たちの関係が使命につながらないなら、私たちの団結は消えてしまいます。私たちの希望は復活祭の空の墓から湧き出ます。このフォーラムが新しい方法で私たちを団結させ、復活されたイエスをこの世代にもたらすことができますように」と彼は締めくくった。

午後はラテンアメリカの福音派神学者 ルース・パディラ・デボルスト ヨハネ17章についての瞑想をもたらし、そこで彼女は、真実の神がどのような方であるかを反映する愛の一致を求める私たちの責任を強調しています。 「愛とは感情ではなく、相互服従への根本的な取り組みです。このようにして、私たちは神の愛をすべての人が知ることができるように遣わされるのです。」前の講演者と同様に、彼女は団結それ自体が目的ではなく、証しを視野に入れていると主張する。しかし、この証言は、私たちが神の愛を知ることができるように、この壊れた世界に一緒にいる場合にのみ信頼できます。

1日は3回のシェアで終わります。まず、この聖書本文について、次に教会の家族間で、最後に同じ大陸出身の人々の間で。翌日、私たちは300万人の奴隷が残酷にもアメリカ大陸に送られた要塞であるケープコーストに行きます。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-