8.1 C
ブリュッセル
2月(木曜日)29、2024
ヨーロッパ攻撃の下にある信教の自由: 少数派の信仰の迫害におけるメディアの共謀

攻撃の下にある信教の自由: 少数派の信仰の迫害におけるメディアの共謀

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

「メディアは事実よりもセンセーショナルな報道で繁栄しており、カルト問題を良い話題としてとらえている。なぜならそれが売上や視聴者数を増やすからである」と述べた。 ウィリーFautré、ディレクター Human Rights Without Frontiers、先週の木曜日に欧州議会で行われた厳しい演説の中で。

フォートレ氏の発言は、昨年30月XNUMX日にフランス国会議員マクセット・ピルバカス氏がさまざまな少数派信仰団体の指導者らと開催した「EUにおける宗教的・精神的少数派の基本的権利」と題した作業会議で発した。

欧州議会でヨーロッパの宗教的少数派の指導者に演説するマクセット・ピルバカス議員。 2023年。
この会議を主催したマクセット・ピルバカス議員は、欧州議会で欧州の宗教的少数派の指導者らに演説した。 写真提供者: 2023 www.bxl-media.com

フォートレ氏は、ヨーロッパのメディアが宗教的不寛容の助長に加担しており、それが少数派信仰グループ、さらには次のような世界的少数派に対する差別、破壊行為、さらには暴力につながっていると非難した。 Scientology またはエホバの証人は、欧州人権裁判所、OSCE、さらには国連によっても判決や宣言の中で宗教または信仰共同体として繰り返し認められてきました。

国際機関は宗教団体に言及する際に中立的な言葉を使用するが、欧州のメディアは特定の運動を「カルト」または「宗派」(本質的に否定的な偏見を伴う用語)として分類することが多いとフォートレ氏は説明した。 この不寛容で人為的なレッテル貼りは、自分たちを「反カルト主義者」と呼ぶ反宗教的な人々によって推進されている。彼らには、苦痛を感じた元信者、活動家、少数派の宗教団体を法的保護から排除したい団体などが含まれる。

フォートレ氏によると、メディアが炎上を煽っているという。 「メディアによって増幅される根拠のない非難は、世論に影響を与えるだけでなく、固定観念を強化します。 また、それらは政治的意思決定者の考えを形作り、一部の民主主義国家とその機関によって公式に支持されることもある」とされ、宗教に基づく基本的権利の侵害が増加し、思想の自由が侵害されている。

その証拠として、フォートレは、英国での哀れなほど小規模な反宗教抗議活動を誇大宣伝するセンセーショナルな報道や、エホバの証人の間での虐待隠蔽を主張するベルギーの国家機関の報告書からの虚偽の申し立てをベルギーの報道機関が広めたことを指摘した。 実際、裁判所は最近、この報告書は根拠がなく名誉毀損であると非難した。

このような事実を歪曲した報道は現実世界に影響を及ぼすとフォートレ氏は警告した。 「それらは不信感、脅威、危険の信号を送り、社会に疑惑、不寛容、敵意、憎悪の風潮を生み出している」と同氏は述べた。 フォートレはこれを、イタリア全土のエホバの証人の建物破壊やドイツでの信者XNUMX人の射殺事件などの事件と直接結びつけた。

フォートレ氏は結論として、ヨーロッパのメディアは宗教問題を報道する際にはジャーナリズムの倫理基準を遵守しなければならないと述べ、変革を要求した。 同氏はまた、記者が少数派の信仰に対する国民の敵意を煽ることなく適切に報道できるよう、研修ワークショップの開催も呼びかけた。 改革が行われなければ、欧州は自国の裏庭で迫害を容認しながら海外では寛容を説く偽善者として暴露される危険性がある。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-