11.9 C
ブリュッセル
4月(木曜日)18、2024
宗教キリスト教軍隊内のクリスチャン

軍隊内のクリスチャン

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

神父様ジョン・ボーディン

キリストが「武力で悪に抵抗する」というたとえ話を離れなかったという発言の後、私は、キリスト教には、殺人や武器を取ることを拒否したために処刑された兵士殉教者は存在しないと確信し始めました。

この神話は、帝国版キリスト教の出現とともに生じたと思います。殉教者たちは神に犠牲を捧げることを拒否したという理由だけで処刑されたと言われています。

実際、彼らの中には、戦うことや殺すことを完全に拒否した人たちや、異教徒とは戦ってもキリスト教徒に対して武器を使用することを拒否した人もいました。なぜそのような根強い神話が生じるのかに注目することは容認できません。

幸いなことに、殉教者の行為は保存されており、そこには最初のキリスト教徒の裁判(兵士に対するものも含む)が十分に詳細に記述されています。

残念なことに、ロシア正教の中でそれらを知っている人はほとんどおらず、研究している人はさらに少ないです。

実際、聖徒たちの生涯には、良心的に兵役を拒否した例がたくさんあります。いくつか思い出してみましょう。

295年に聖戦士マクシミリアンが殺害されたのは、まさに兵役を拒否したためでした。彼の裁判の記録は彼の殉教学に保存されています。法廷で彼は次のように述べた。

「私にはこの世界のために戦うことはできません…言っておきますが、私はクリスチャンです。」

これに対して総領事は、キリスト教徒がローマ軍に従軍していたと指摘した。マクシミリアンはこう答えます。

「それが彼らの仕事だ。私もクリスチャンなので奉仕することはできません。」

同様に、トゥールの聖マルタンも洗礼を受けた後に軍隊を去りました。彼は軍事賞の授与のためにカエサルに呼び出されたと伝えられているが、次のように言って受け取りを拒否した。

「私はこれまで兵士としてあなたに仕えてきました。さあ、キリストに仕えましょう。報酬を他の人に与えてください。彼らは戦うつもりだが、私はキリストの兵士であり、戦うことは許されない。」

同様の状況に新たに改宗した百人隊長ザンクト・マルケルもいたが、彼は祝宴の最中に次のような言葉で軍の栄誉を捨てた。

「私は永遠の王であるイエス・キリストに仕えます。私はもうあなたの皇帝には仕えませんし、耳が聞こえず口がきけない偶像であるあなたの木と石の神々の崇拝を軽蔑します。」

サンマルケルに対する裁判の資料も保存されている。彼はこの法廷で、「…主キリストに仕えるクリスチャンが世界の軍隊に奉仕するのはふさわしくない」と述べたと伝えられている。

キリスト教の理由で兵役を拒否したとして、聖キビ、聖カドック、聖テアゲンが列聖された。後者は聖ヒエロニムスとともに苦しみました。彼は非常に勇敢で強い農民であり、将来有望な兵士として帝国軍に徴兵されました。ヒエロニムスは奉仕を拒否し、勧誘に来た者たちを追い払い、同じく軍への召集を受けた他の18人のキリスト教徒らとともに洞窟に隠れた。帝国軍兵士が洞窟を襲撃したが、力づくでキリスト教徒を捕らえることはできなかった。彼らは狡猾に彼らを排除します。確かに彼らは偶像に生贄を捧げることを拒否したために殺されたが、むしろこれが彼らの兵役に対する頑固な抵抗の最終地点だった(その日、合計32人のキリスト教徒徴集兵が処刑された)。

聖モーリスの指揮下にあったテーベの軍団の歴史は、文書化がさらに不十分である。彼らに対する殉教行為は裁判がなかったため保存されていない。聖司教エウケリウスの書簡に記録された口頭伝承だけが残っています。この軍団の10人の男性が名前で称賛されています。残りはアガウン殉教者(千人以上)の一般名で知られています。彼らは異教徒の敵と戦う際に武器をとることを完全に拒否したわけではない。しかし、キリスト教徒の反乱を鎮圧するよう命じられたとき、彼らは反乱を起こしました。

彼らは、いかなる状況や理由であってもクリスチャンの兄弟を殺すことはできないと宣言しました。

「私たちは無実の人々(キリスト教徒)の血で手を汚すことはできません。私たちはあなたの前で誓う前に、神の前で誓うのでしょうか。もし私たちがもう一つの誓い、つまり最初の誓いを破ったら、あなたは私たちの二番目の誓いを信じることができなくなります。あなたは私たちにキリスト教徒を殺すよう命じました、ほら、私たちも同じです。」

軍団は手薄で兵士の10人に1人が死亡したと報告された。新たに拒否するたびに、彼らは軍団全体を虐殺するまで、再び10分の1ずつ殺害した。

戦士聖ヨハネは軍務から完全に退役したわけではありませんが、軍隊では軍事用語で破壊活動と呼ばれるものに従事し、キリスト教徒に次の襲撃について警告したり、逃亡を手助けしたり、投獄された兄弟姉妹を訪問したりしていました(ただし、彼の伝記によれば、彼は血を流す必要はなかったと考えられます。彼はおそらく街を守る部隊にいたのでしょう)。

初期キリスト教徒は全員平和主義者だった、というのは言い過ぎだと思います(当時の教会の生活について十分な史料が無いからですが)。しかし、最初の 2 世紀の間、戦争、武器、兵役に対する彼らの態度は非常に鋭く否定的であったため、キリスト教の熱烈な批評家である哲学者ケルススは次のように書いています。完全に孤立し、軍隊も彼から見捨てられた状態で残った。帝国は最も無法な野蛮人の手に落ちるだろう。」

これに対してキリスト教神学者オリゲネスは次のように答えています。

「クリスチャンは敵から身を守るなと教えられてきました。そして彼らは人間に対する柔和と愛を定めた律法を守ってきたので、戦争をすることを許されていたら得られなかったものを神から得たのだ。

もう 1 つの点を考慮する必要があります。良心的兵役拒否者が初期キリスト教徒にとって大きな問題にならなかったのは、主に彼らが軍隊に奉仕する意欲があったからではなく、皇帝が正規軍を徴兵で補充する必要がなかったという事実によって説明される。

ワシーリー・ボロトフはこのことについて次のように書いている。「ローマ軍団には、登録に来た多くの志願兵が補充された」。したがって、クリスチャンは例外的な場合にのみ兵役に就くことができました。」

軍隊にキリスト教徒が多くなり、彼らがすでに近衛兵として奉仕するようになった状況は、3世紀の終わりになって初めて起こりました。

彼らはキリスト教の洗礼を受けた後に奉仕に参加する必要はありません。私たちが知っているほとんどのケースでは、彼らはすでに兵士でありながらクリスチャンになりました。そして実際、ここでマクシミリアンのような人は奉仕を続けるのは不可能だと判断するかもしれないし、また別の人は奉仕に留まらざるを得なくなり、自分ができると思っていることが制限されることになるだろう。たとえば、キリストにある兄弟に対して武器を使用しないことです。

キリスト教に改宗した兵士に許される制限は、3 世紀初頭にローマの聖ヒッポリュトスによってその規範 (規則 10 ~ 15) の中で次のように明確に説明されました。たとえ命令を受けたとしても…勤務中の兵士は人を殺してはならない。命令された場合には、その命令を実行してはならず、また宣誓を行ってはなりません。彼がそれを望まない場合は、拒否してください。剣の力を持つ者、あるいは藍を着た町奉行である者は、存在しなくなるか排除されよう。兵士になりたい広告主や信者は、神を軽蔑しているため、拒否されなければなりません。クリスチャンは、剣を持った首長の強制がない限り、兵士になってはなりません。血なまぐさい罪を自分に負わせてはなりません。しかし、血を流した場合は、悔い改めて、涙を流し、泣くことによって清められない限り、秘跡を受けてはなりません。彼は狡猾に行動するのではなく、神への畏れを持って行動しなければなりません。」

時間が経つにつれて初めて、キリスト教会は福音主義の理想の純粋さから離れ、キリストにとって異質な世界の要求に適応するように変化し始めました。

そしてキリスト教の記念碑には、これらの変化がどのように起こるかが説明されています。特に、第一回エキュメニカル(ニカイア)公会議の資料では、キリスト教が国教として採用されると、以前に軍務を退役していたキリスト教徒たちがどのようにして軍隊に殺到したかがわかります。今では彼らは賄賂を払って見返りを与えている(兵役は名誉ある仕事であり、給料も高かったことを思い出してほしい。軍団兵は良い給料とは別に、素晴らしい年金を受け取る権利もあった)。

当時、教会はまだそれを憤慨していました。第一エキュメニカル公会議の規則第 12 条では、そのような「背教者」を次のように呼んでいます。 「彼らは嘔吐物を吐き出したので、軍隊に復帰するためにお金や贈り物を使った人もいた。柱廊玄関で聖書を聞いてXNUMX年間過ごしたら、その後XNUMX年間は​​教会でひれ伏して許しを乞いなさい。」ゾナラ氏は、この規則の解釈の中で、事前にキリスト教の信仰を放棄していない限り、兵役を続けることはまったくできないと付け加えた。

しかし数十年後、聖ワシリイ大王は戦争から帰還したキリスト教徒の兵士についてためらいがちに次のように書いています。しかしおそらく、彼らには汚れた手を持っているとして、聖なる密儀との交わりを三年間控えるように忠告するのがよいだろう。」

教会は、キリストとカエサルの間でバランスをとり、一方に仕え、他方を傷つけないよう努めなければならない時期に入りつつあります。

このようにして、最初のキリスト教徒は神に犠牲を捧げたくないという理由だけで軍隊への奉仕を控えたという神話が生まれた。

そして、「正しい大義」のために戦う兵士は(キリスト教徒でなくても)殉教者や聖人として崇められるという今日の神話に行き着くのです。

出典: 著者の個人 Facebook ページ、23.08.2023 年 XNUMX 月 XNUMX 日に公開。

https://www.facebook.com/people/%D0%98%D0%BE%D0%B0%D0%BD%D0%BD-%D0%91%D1%83%D1%80%D0%B4% D0%B8%D0%BD/pfbid02ngxCXRRBRTQPmpdjfefxcY1VKUAAfVevhpM9RUQbU7aJpWp46Esp2nvEXAcmzD7Gl/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-