8.9 C
ブリュッセル
Wednesday, April 24, 2024
宗教キリスト教ヨーロッパにおけるキリスト教文化の未来はどうなるでしょうか?

ヨーロッパにおけるキリスト教文化の未来はどうなるでしょうか?

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ゲストの著者
ゲストの著者
ゲスト著者が世界中の寄稿者からの記事を公開

マルティン・ホッガー著。

私たちはどんなヨーロッパを目指しているのでしょうか? そして、より具体的には、教会はどこにあり、 不確実性が高まる現在の状況の中で教会の運動は進んでいるでしょうか? 教会の縮小は確かに非常に痛ましい損失です。 しかし、あらゆる喪失は、神に出会うためのより多くのスペースとより多くの自由を生み出すことができます。

これらは、ドイツの哲学者ヘルベルト・ラウエンロートが最近の「ヨーロッパのために一緒にティミショアラでの会合。 しかし、彼にとって問題は、クリスチャンが共同生活の信頼できる証人であるかどうかだ。 https://together4europe.org/en/spaces-for-life-a-call-for-unity-from-together-for-europe-in-timisoara/

フランスの作家シャルル・ペギーは、子供のような衝動の中に信仰と愛を伴う「妹の希望」を描写しました。 それは新たな地平を開き、私たちを「それでも」と言わせ、私たちを未知の領域へと連れて行きます。

これは教会にとって何を意味するのでしょうか? 大聖堂の時代は終わったようです。 パリのノートルダム大聖堂が火災に見舞われています…しかしキリスト教徒の生活は消えつつあります。 しかし、キリスト教運動のカリスマ性が新たな道を開く可能性があります。 たとえば、火の洗礼のようないくつかの運動が生まれたのは第二次世界大戦中だった。

社会の運命は「創造的少数派」にかかっています。

ジョセフ・ラッツィンガー(後の法王ベネディクト十六世)は、1970年以来、この概念の妥当性を認識しています。キリスト教はその最初から少数派であり、特殊な種類の少数派でした。 このアイデンティティの特徴的な事実を新たに認識することは、将来に大きな期待をもたらします。

たとえば、ジェンダーや権威主義的な政治の問題は、排除し、分断し、二極化します。 カリスマ性の認識から生まれる互恵性とキリストを中心とした友情は、XNUMXつの重要な対毒です。

互恵性について、トゥゲザー・フォー・ヨーロッパの創設者の一人であるヘルムート・ニクラスは次のように書いています。本当に未来があるよ!」

そして、哲学者のアン・アップルバウムは友情の重要性について、次のように述べています。 要するに、私たちは新たな同盟を形成しなければなりません。

エマオへの道にあるキリストの隠された顔

キリストにあって、憎しみと分離の壁は取り壊されました。 エマオの物語は私たちにこのことを理解させます。二人の弟子は旅の途中で深く傷つき、分裂しますが、彼らに加わってくださるキリストの臨在によって新しい現在が生まれます。 私たちは共に、和解をもたらすこの「エマオのスキル」の担い手となるよう招かれています。

ヨーロッパ共同体ネットワークのスロバキア人のマリア・スペソヴァさんも、エマオの弟子たちについて瞑想しました。 最近、彼女はクリスチャンを嘲笑し、彼らは間違っていると主張する若者たちに会いました。 

エマオの弟子たちの経験は彼女に希望を与えます。 イエスは彼らの心を光に導き、愛で満たすために顔を隠しました。 彼女は、これらの十代の若者たちに、イエスの隠された顔を発見するという同じ経験をしてもらいたいと願っています。 そしてその顔は私たち自身の顔にも現れています!

ルーマニア正教会でフォコラーレ運動のメンバーであるルクサンドラ・ランブルさんは、パンデミック、コロナウイルスに対するワクチン、そしてイスラエル国家に関してヨーロッパの分断を感じている。 私たちが大切にしている価値観を議論が排除し、他者の存在を否定したり悪者扱いしたりするとき、ヨーロッパの連帯感はどこにあるのでしょうか?

エマオへの道は、小さなコミュニティで信仰を生きることが不可欠であることを彼女に示しました。私たちは共に主のもとへ行くのです。

キリスト教の価値観を通じて社会生活や政治生活に影響を与える

キリスト教青年協会の会員ヴァレリアン・グルップ氏によると、2060年にはドイツの人口のXNUMX分のXNUMXだけがカトリック教会とプロテスタント教会に所属することになる。すでに今日、「大きな教会」は存在しない。 人口の半分未満がそれに属しており、共通の信念は消えつつあります。

しかし、ヨーロッパは私たちの信仰を必要としています。 私たちは人々に会い、神との関係に入るように勧めることによって、それを取り戻す必要があります。 教会の現在の状況は、イエスの最初の弟子たちの「移動教会」の状況を思い出させます。

25か国の国会議員が集まる正教会運動である列国正教議会の顧問コスタス・ムグダリスに関しては、特定の政界がキリスト教信仰の遺産を抹消しようとしてヨーロッパの歴史を神秘化していると指摘する。 たとえば、ヨーロッパ評議会が出版したヨーロッパの価値観に関する本の 336 ページには、キリスト教の価値観についてはどこにも言及されていません。

しかし、キリスト教徒としての私たちの義務は、たとえ教会が政治に関わる人々を疑いの目で見ていたとしても、声をあげて社会に影響を与えることです。

スロバキア元大統領兼首相のエドゥアール・ヘーガーも、クリスチャンに対し、勇気と愛を持って外に出て声を上げるよう呼び掛けている。 彼らの使命は和解の民となることです。

「たった一つのお願いがあってここに来たのです、と彼は言います。 私たちは政治家としてあなたを必要としています。 私たちは政治の分野にもクリスチャンを必要としています。彼らは平和をもたらし、奉仕してくれるのです。 ヨーロッパにはキリスト教のルーツがありますが、もはや福音を知らないので、福音を聞く必要があります。」

ティミショアラで私が受けた勇気と信頼への呼びかけは、聖パウロの次の言葉に要約されています。キリストについて、神と和解しなさい」(2コリント5,20)。

写真: ルーマニア、ハンガリー、クロアチア、ブルガリア、ドイツ、スロバキア、セルビアからの伝統的な衣装を着た若者たちがティミショアラに集まり、私たちがここがヨーロッパの中心であることを思い出させてくれました。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-