8.4 C
ブリュッセル
4月(土曜日)20、2024
世界全体国際司法裁判所、イスラエルに対しガザでの「大量虐殺」阻止を要請

国際司法裁判所、イスラエルに対しガザでの「大量虐殺」を阻止するよう要請

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

26月XNUMX日金曜日、国連最高裁判所はイスラエルに対し、ガザ地区におけるいかなる大量虐殺行為も防ぐためにあらゆる措置を講じるよう要請した。待望の判決は、オランダのハーグに拠点を置く国際司法裁判所(ICJ)によって下された。

さらに裁判所はイスラエルに対し、ガザへの立ち入りを許可するよう求めた。イスラエルはパレスチナ人の生活状況に対処するために必要なサービスと緊急の人道援助の提供を迅速かつ効果的に促進すべきであると強調した。

イスラエル首相は、ICJはイスラエルの自衛権を奪っているわけではないと強調したが、裁判所が訴訟の本案に基づいて判決を下す能力があると宣言したことに激怒していると述べた。同氏は続けて、イスラエル国民を殺害、誘拐、強姦、拷問したハマスの怪物に対してイスラエルは正義の戦争を行っており、ハマスがイスラエルの安全と生存に対する脅威である限り、正義の戦争を続けるだろうと主張した。

こうした展開を受けて、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、南アフリカによるガザでの「大量虐殺」の主張は言語道断であると即座に非難した。同氏は、ICJがイスラエルの自衛権を剥奪しているわけではないと強調したが、裁判所が本案に基づいて判決を下す能力があると宣言したことに激怒していると述べた。同氏は続けて、イスラエル国民を殺害、誘拐、強姦、拷問したハマスの怪物に対してイスラエルは正義の戦争を行っており、ハマスがイスラエルの安全と生存に対する脅威である限り、正義の戦争を続けるだろうと主張した。

いくつかの国からの反応

南アフリカは「統治の決定的な勝利」を称賛した。 米国外の世界各国 これは法律であり、パレスチナ人民の正義の追求における重要な一歩である。」南アフリカ外務省は、裁判所が「ガザでのイスラエルの行動はおそらく虐殺的であると判断し、それに基づいて暫定措置を示した」とみなして、「迅速な決定」に感謝した。

パレスチナ自治政府のリヤド・アル・マリキ外相はビデオメッセージでこう述べた。同氏は、金曜日の命令は「いかなる国家も法を超越するものではないという重要な警告だ」と述べた。 「各国は現在、ガザのパレスチナ人に対するイスラエルの虐殺戦争を終わらせる明確な法的義務を負っている。」

2007年以来ガザで政権を握っているハマスは、国際舞台で「イスラエルを孤立させる」「重要な進展」を歓迎した。

極右の人物である国家安全保障大臣は、国際司法裁判所がイスラエルに要請した予防措置は本質的に反ユダヤ的であると考えており、イスラエルに対しこの決定に従わないよう求めている。

米国もまた、国務省報道官を通じて「我々は引き続き大量虐殺の告発には根拠がないと信じており、裁判所が大量虐殺の認定や停戦の呼びかけを行っていないことに留意する」と反応した。

欧州連合はこの決定の「完全かつ即時」の実施を求め、トルコ、イラン、スペインを含む数カ国が歓迎した。

また、ご購読はいつでも停止することが可能です ここでICJ命令全文を読む 判決の全編ビデオをご覧ください ここ.

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-