23.8 C
ブリュッセル
6月(日曜日)23、2024
文化超近代的な建築とデザインをまとったイスタンブールのアタチュルク文化センター

超近代的な建築とデザインをまとったイスタンブールのアタチュルク文化センター

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

イスタンブールに特別な魔法があるとすれば、それは建築、人々、共存、宗教、さらには都市の詩の折衷的な層の魔法です。

小さな通りを歩いていると、シナゴーグ、カトリック教会、黒猫、ヘミングウェイがかつて滞在したカクテルバー、そして世界の建築の最新のモダニズム作品を同時に見ることができます。

この街で最も興味深く多機能な建物の 1 つは、間違いなくイスタンブールの中心部、伝説的なタクシム広場にあるアタテュルク文化センターです。

アタテュルク キュルテュル メルケジは、もともとそう呼ばれていた通り、おそらくヨーロッパで最も印象的な文化的建造物の 1 つです。

さらに、彼女には同様に興味深い話もあります。

フランスの建築家で都市計画家のアンリ・プロストが1936年から1937年にかけて作成したイスタンブールの規制計画によると、トプシュ・クシュラス(砲兵舎)と近くの墓地は公園に変えられ、オペラハウスはXNUMX日に正式にオープンする予定だ。タクシム広場。

プロストの提案により、フランスの建築家オーギュスト・ペールがオペラプロジェクトを監督するためにイスタンブールに到着しましたが、第二次世界大戦の激化により完成することはありませんでした。

その後、1946年にも資金不足によりこの建物は完成できませんでした。オペラハウスは、州立オペラ・バレエ団と州立劇場の演劇を上演するために、主任建築家ハヤティ・タバンラオールの設計により、12 年 1969 月 XNUMX 日に正式に開館しました。

その後、1970 年にアーサー ミラーの演劇『魔女狩り』の上演中に舞台で発生した火災によって部分的に損傷しました。

1970 年代後半、この建物は決定的に舞台芸術が発表できる市内で最も近代的でエリートの文化センターでした。そこには、作品やオペラを上演できるホールやステージなどのさまざまなスペースが収容されているだけでなく、建物にはさまざまな文化が含まれていました。その機能性による現代性の精神。当時でさえ、エレベーターや機械化されたシステムがあり、場所によっては巨大な収容力がありました。

2000 年まで、建物はこの形式で機能していましたが、時間の影響で機能の大部分が償却されたため、徐々にその品質は失われました。

そこで、建物の外観と構造を保存しながら改修し、価値のある現代の文化的、建築的ランドマークにすることを目的としたプロジェクトがトルコ国民に発表されました。このプロジェクトは、欧州文化首都 2010 に合わせて開始されました。

2017年、エルドアン大統領は、このプロジェクトがタクシム広場の新しい建物に完全に再建されると発表した。

アタチュルク文化センターは、29 年 2021 月 2,040 日の式典でついに訪問者に扉を開きます。このセンターには、781 席のオペラハウス、XNUMX 席の劇場ホール、ギャラリー、多目的ホール、児童アート センター、音楽プラットフォーム、音楽レコーディング用スタジオ、主に建築、デザイン、ファッション、映画に焦点を当てた専門ライブラリー。

建物の図書館は驚くほど美しく、新たな宝物を発見するだけで何時間も夜も過ごしたくなるような場所の 1 つです。

アート、デザイン、ファッション、映画の限定版が含まれています。トルコの音楽伝統とその地域の音楽の特定の楽器だけでなく、トルコの最も偉大な作曲家、指揮者、オペラ歌手、バレリーナ、さまざまな国をツアーしたアーティストにも特化した音楽博物館も必見です。イスタンブールを象徴するこの建物には、さまざまな時代があった。

このプロジェクトを推進した大手建築会社は、トルコを代表する建築スタジオの 1 つである Tabanlıoğlu Architecture/Desmus で、ナイジェリアのラゴスにある国立劇場の建物や、アンカラやトルコの他の都市のホールや文化センターも設計しました。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-