9.2 C
ブリュッセル
4月(火曜日)23、2024
アジアEuropean Sikh Organization インド農民の抗議活動に対する武力行使を非難

European Sikh Organization インド農民の抗議活動に対する武力行使を非難

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

ブリュッセル、19 年 2024 月 XNUMX 日  - European Sikh Organization 13年2024月2020日以降、インドで抗議活動を行っている農民たちに対してインド治安部隊が過剰な武力行使を行ったとの報告を受け、同国政府は強い非難を発した。農民たちは、作物に対する最低支援価格(MSP)の実施を要求しており、広範な政策を思い起こさせた。 2021年からXNUMX年にかけてインドの農民の扇動が厳しく暴力的な弾圧に直面したと伝えられている。

悲惨な事態の展開として、インド軍によるペレット銃の使用により、デモ参加者が重傷を負い、少なくとも農民3名が失明したと報告されている。この群衆統制の手法は、カシミールの紛争地域で以前に見られたもので、反対を表明する民間人に対して致死性の武力を使用するという問題を示している。

  European Sikh Organizationヨーロッパのシーク教徒コミュニティを代表して、この問題を欧州議会の最前線に提起することで迅速な行動をとりました。同組織は、欧州議会議員(MEP)と協力して状況の深刻さを強調し、欧州連合の人権に対する取り組みのより広範な枠組みの中でインド農民の権利を擁護する予定である。

農民たちとの連帯を表明し、 European Sikh Organization ヨーロッパとインドにおける農民抗議活動への対応の顕著な対照を強調した。ヨーロッパでは、農民が抗議し、自分たちの利益を主張する権利は、暴力や抑圧ではなく、対話と交渉によって満たされることがよくあります。この格差は、インド農民の処遇に対する重大な懸念と、彼らの基本的権利が確実に保護されるよう国際的な配慮が必要であることを浮き彫りにしている。

ベルギーの農民コミュニティからインドの農民コミュニティへの支援は、この問題が世界規模であることの証しであり、平和的に抗議活動を行う普遍的な権利と、国民の不満に対処する際の政府の説明責任の重要性を強調している。

状況が進展するにつれて、 European Sikh Organizationインドの農民に対する武力行使に国際的な監視をもたらすという同国の取り組みは、正義と人権を主張する上で重要な一歩である。この組織の欧州連合内での行動呼びかけは、不当な武力行使と弾圧に反対し、生活と権利のために戦う人々との世界的な連帯を求める広範な訴えを表している。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-