7.9 C
ブリュッセル
4月(木曜日)18、2024
科学技術考古学気候変動は古美術品への脅威である

気候変動は古美術品への脅威である

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

ギリシャでの研究は、気象現象が文化遺産にどのような影響を与えるかを示しています

気温の上昇、暑さの長期化、干ばつは世界中で気候変動に影響を与えています。今回、歴史的記念碑や工芸品の将来の微気候に対する気候変動の影響を調査したギリシャでの最初の研究は、異常気象がこの国の文化遺産にもどのような影響を与えるかを示しています。

「人体と同様、記念碑もさまざまな温度に耐えられるように作られています。私たちのデータのおかげで、博物館や遺跡の遺物に対する気候危機の影響を計算することができました」と、研究著者で博士課程の学生で研究者のエフスタシア・トリンガ氏は、テッサロニキ・アリストテレス大学の気象学と気候学のカティメリニ氏に語った。

必要なデータを収集するために、温度と湿度を測定するセンサーがデルフィの遺跡と博物館、テッサロニキの考古学博物館、5 世紀のビザンチン教会「パナギア・アケイロポエトス」に設置されました。

全体として、この研究の結果は、今後数年間の気温上昇と湿度レベルの上昇の組み合わせが、建築や工芸品の製造に使用される一部の材料の化学組成に深刻な影響を及ぼし、それによって材料の分解を促進したり、破壊的なカビの蔓延に寄与する可能性があるということです。 。屋外の記念碑にとってはさらに大きな課題であり、「新たな温度条件に適応する必要がある」とトリンガ氏は説明する。

この研究は、気候が温暖化するにつれて被害の可能性が高まることを具体的に示している。 「2099年までに、記念碑の危険にさらされる年は過去に比べて12パーセント増えるでしょう」と彼女は言い、現在の気温傾向を指摘する。

30 つの博物館の内部にも変化が見られますが、空調システムは完備されています。夏には、外気温が40度に達しても、室内温度は35度以下に保たれていました。しかし、教会では外気温に比例して内部温度も上昇し、時にはXNUMX度に達することもあった。

「非常に長い熱波が続いた昨年 7 月に突然の上昇が見られましたが、博物館内の温度レベルはそれほど変化しませんでした」とトリンガ氏は言います。

エアコンがなく、天井には多くの木製の装飾が施され、800年前の絵画があるビザンチン教会は、逆に、はるかに脆弱です。このような記念碑の気候制御システムの設備は明確に示されています。

「私たちの観点から興味深いのは、博物館がこれらの特定の温度を維持するために将来消費しなければならないエネルギーの量に関するものです」と彼女は付け加えました。

優先すべき博物館や記念碑のリストはあるかとの質問に対し、トリンガ氏は「私たちの記念碑はすべて重要だ。人々が心に留めておくべきことは、過去を守ることで未来を改善できるということです。」

ジョサイア・ルイスによる写真: https://www.pexels.com/photo/stonewall-palace-772689/

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-