5.5 C
ブリュッセル
2月(日曜日)25、2024
ヨーロッパヨーロッパにおける宗教的少数派の権利、微妙なバランス マクセット議員は語る...

ヨーロッパにおける宗教的少数派の権利、そのバランスは微妙だと国会議員マクセット・ピルバカス氏が語る

免責事項:記事で再現された情報と意見は、それらを述べている人のものであり、それは彼ら自身の責任です. での出版 The European Times 自動的に見解の支持を意味するのではなく、それを表明する権利を意味します。

免責事項の翻訳: このサイトのすべての記事は英語で公開されています。 翻訳されたバージョンは、ニューラル翻訳と呼ばれる自動化されたプロセスによって行われます。 疑問がある場合は、常に元の記事を参照してください。 理解していただきありがとうございます。

フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル
フアン・サンチェス・ギル - at The European Times ニュース - 主にバックライン。 基本的権利に重点を置いて、ヨーロッパおよび国際的な企業、社会、および政府の倫理問題を報告しています。 また、一般メディアが耳を傾けていない人々に声を上げます。

ブリュッセル – 30年2023月XNUMX日、フランス海外議員マクセット・ピルバカス氏は、ヨーロッパにおける宗教的・精神的少数派の権利保護に関する会議への参加者を歓迎した。

開会の挨拶で議員は マクセット・ピルバカス 宗教に関してはヨーロッパの複雑な歴史を認めた。 彼女は、初期キリスト教徒の迫害や行われた残虐行為について言及し、宗教がしばしば「野蛮行為の原動力や口実」となってきたと指摘した。 ユダヤ人に対して 20世紀に。 同時に、 ピルバカス氏は、宗教的寛容と自由という考えが生まれたのはヨーロッパだと指摘した。 「影と光、それがヨーロッパ」と彼女は要約した。

ピルバカス氏によると、ヨーロッパ建国の父たちは当初から信教の自由の問題を特に重視していたという。 彼らは少数民族の保護をヨーロッパの民主主義文化の重要な部分とした。

マクセット・ピルバカス氏によれば、バランスのとれた妥協こそがEUのグローバルなアプローチを体現するものであるという。 EU全体の宗教法令の採択を避け、礼拝の規制を加盟国に委ねることで、欧州は国家的観点の均質化を賢明に避けてきたと彼女は信じている。 この制度は加盟国に裁量の余地を残しながらも、加盟国が基本的権利、特に宗教的および精神的少数派の権利を侵害するために利用しないことを保証しています。。 ピルバカス欧州議会議員は、「視点に立ち向かい、バランスの点を見つけること」が欧州の専門であると述べた。

この会議を主催したマクセット・ピルバカス議員は、欧州議会で欧州の宗教的少数派の指導者らに演説した。 2023年
この会議を主催したマクセット・ピルバカス議員は、欧州議会で欧州の宗教的少数派の指導者らに演説した。 写真提供者: 2023 www.bxl-media.com

マクセット・ピルバカス氏は、個人の自由意志、少数派の権利の保護、国家は公の秩序という明白な理由がある場合にのみ宗教を制限すべきであるという事実などの原則を思い出して結論づけた。 彼女が言及したのは、 危険な試み 貴重な思想と表現の自由を危険にさらす新たな法律を制定しようとすることで、新たな「異端者」に対処するためだ。 標準刑法は、正しく適用されれば、個人の宗教的、精神的、政治的背景を調査することなく、法律を破った者を罰するのに十分すぎるほどである。正しく適用されていれば現在のツールで十分です"

ピルバカス氏は対話の継続を奨励し、宗教に関する議論は「常に情熱的」だと述べた。 しかし彼女は、加盟国が基本的自由を尊重することを保証し、欧州が「違いと多様性の中で共に生きる」ことを支援することで、EUがあらゆる精神的見解の同盟国であり続けることができるとの希望を表明した。

- 広告 ​​-

著者からのより多く

-独占コンテンツ-スポット画像
- 広告 ​​-
- 広告 ​​-
- 広告 ​​- スポット画像
- 広告 ​​-

必読

最新記事

- 広告 ​​-